JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

83歳の父が手根管症候群と診断され、内視鏡で横断腱を切断する手術を受けることになりましたが、6年前に脳梗塞を発症し現

解決済みの質問:

83歳の父が手根管症候群と診断され、内視鏡で横断腱を切断する手術を受けることになりましたが、6年前に脳梗塞を発症し現在もワーファリンを毎日2.5錠服用していますので尋ねたところ、術前1週間は内出血予防のため服用を止めてくださいと言われました。しかし、そうした場合の血液凝固による別の病気の発症リスクが高くなりますので、どうしたらよいのか、きいてもお医者さんは患者さんの判断で決めてくださいとしか回答してくれません。どちらにしてもどんなリスクがどれだけ高まるのか参考意見だけでも聞きたい、またどちらのリスクも軽減できるような案がないのか(服用を3日間だけやめるとか半分にするとか)を聞きたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
ワーファリンの場合、術前・術後それぞれ3~4日ずつの休薬が推奨されています。
術後の出血が止まらないようにワーファリンを中止する必要があるわけですから、そのリスクの軽減と、脳梗塞再発のリスク軽減は相並び立つものではありません。
ワーファリンの服薬量を半分にすれば、術後出血のリスクが増え、脳梗塞再発のリスクが少し下がるだけになってしまいます。
脳梗塞の既往がある患者様の休薬による再発率については、実のところ確固たる発症率は明らかになっていません。
脳梗塞の原因となった動脈硬化の進行度によってもリスクは異なりますから、これは確かに、個々人の患者様の判断次第としか申し上げられない部分です。
脳梗塞を診ていただいている主治医には、本件は相談されましたか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。脳梗塞の主治医も結局はワーファリンの服用は止めてもかまわないとは言ってくれませんでした。互いに相反する指示でしたので困っています。患者側にとっては何を根拠に判断したらよいのかを知りたいのに、それは患者の考えることみたいなことになっています。手術まで2週間弱ですので、一般的な話としてだけでも何か判断の参考となることがあれば助かるのですが・・・
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
そのものずばり、という回答は困難ですが、ある程度大きな規模の研究で、ワーファリン中止による血栓リスクは1~4%と報告されています。
http://www.bayaspirin.jp/ja/home/antiplatelet-agent/antithrombotic-therapy/qa-3.php
ただやはり結論は、「だから患者様に説明をして、同意を得ることが重要」となっていますね。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。大変参考になります。こういうことを何故診察した医師がいってくれないのでしょうね。

整形外科 についての関連する質問