JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 4038
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

膝の骨折の治療法として用いるワイヤーを用いたひまわり法について他の代替治療法やひまわり法の今後の普及の見通しについて教え

質問者の質問

膝の骨折の治療法として用いるワイヤーを用いたひまわり法について他の代替治療法やひまわり法の今後の普及の見通しについて教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
ひまわり法は高価である以外は従来の方法より多くのメリットがあります。普及していくと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ひまわり法のメリットについて、主要なものを教えてください。医学的なものだけでなく手術オペレーション上のメリットでも結構です。価格については、何が高いのでしょうか?他にデメリットはありますか?最後に、普及の見通しについて症例数の推移など、なにか定量的なデータを探しているのですがお心あたりがございましたらご教示頂けますと幸いです。御存知の範囲内で結構ですので教えて頂けますと大変助かります。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
そのメリットは様々な骨折型に対応できる、粉砕例でもすぐにリハビリ開始可能である、ピンの刺激症状が少ない、術後の転位が少ないことが挙げられます。ピンの本数が多いために高価である、手術の難易度がやや高い、導入している病院が限られていることがデメリットと思います。1999年に新日鐵広畑病院の田中和具医師により開発されましたが慶應大学救急科、愛媛十全医療学院付属病院、小牧市立病院、棌島病院のように全国に広まっています。次のサイトで会員になると全国の導入関数がわかります。また、そのサイトから直接問い合わせてもいいと思います。http://himawarihou.com/contents/himawari_wa_index.html
https://secure02.red.shared-server.net/www.himawarihou.com/FormMail/mf/FormMail.html

整形外科 についての関連する質問