JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

85歳になる父の事ですが。手のしびれと痛みに悩んでいます。指が伸びにくい力が入らないこわばってしまう熱さ冷たさが敏感

解決済みの質問:

85歳になる父の事ですが。手のしびれと痛みに悩んでいます。指が伸びにくい力が入らないこわばってしまう熱さ冷たさが敏感、針で刺された様な痛みと電気が走る様な痛み,手のひら甲、小指は、正常ですが、人差し指中指薬指が特に親指はしびれだけです。どこの科で見てもらえばいいのかどんな病名なのか相談ねがいたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。 実際にお父様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、末梢神経障害の可能性が高いと考えます。 具体的には、 手根管症候群https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 第6・7頸髄神経(C6、C7)の圧迫http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg いずれにしても、整形外科か、脳神経外科、または神経内科の守備範囲ということになります。 少し補足情報を下さい。 ①お父様が受診された整形外科と脳神経外科は、どれくらいの規模の医療機関で、身体のどの部位の、どのような検査を受けられて「異常なし」という結果を告げられたのでしょうか? ②症状は、両手に認められますか? それとも片手だけでしょうか。 ③糖尿病や高血圧は良好にコントロールされているのでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
1,脳神経科脳のMRI、異常無し、外科は首の頸椎のMRI、変形性はあるものの異常ないとの事でした。2、両手です特に右手のほうが痛みがひどいとの事です。3、血圧は、ニフェジピンL錠10mgを飲んで98~128位です。糖尿はグルメピリド錠1mgを飲んでヘモグロビンAIC5.5で落ち着いていると思います。この症状が2ヶ月以上立っています、いまからでも治療すれば大丈夫ですか?他にバファリン配合錠.ビタファントF錠、センノサイド錠、眠剤、フルニトラゼバム錠、服用しています。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「いまからでも治療すれば大丈夫」かどうかは、診断次第ということになると思われます。 両手に症状が現われていること、小指には症状が現われていないことから、手根管症候群や糖尿病性の末梢神経障害、動脈硬化による末梢循環不全は否定的です。 可能性が高いのは、頚椎のトラブルということになるでしょう。 骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。 下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。可能ならば、MRI検査を行った整形外科で、紹介状と、MRI画像のコピーを作成していただいて受診されて下さい。【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html 頚椎に、いよいよ何事も無いということであれば、稀ですが、両側性の手根管症候群の可能性が考えられます。この場合は手の外科の専門医の受診をお勧めいたします。【日本手の外科学会 専門医一覧】http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
頸椎の専門医の受診していますが頸椎の異常ではないとのことでした。ので手の外科の専門医を受診すればよろしいでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
そうだったんですね。
となると、手の外科の守備範囲ということになると思います。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問