JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14368
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年12月に、右足関節複雑骨折、1年たった今、金属をとる手術をするかどうか、迷っています。現在10センチ弱(?)の金

質問者の質問

昨年12月に、右足関節複雑骨折、1年たった今、金属をとる手術をするかどうか、迷っています。現在10センチ弱(?)の金属2枚、短,長 数本の釘でとめてあります。年齢71歳・女・骨密度は正常、骨密度に関して、投薬なし。全身状態は軽度高血圧、4年前、初期の乳がん(ステージ1)手術後、アリミデクス服用中。5年間、服用予定。3か月に1回の血液検査は肝臓・腎臓ほか以上なし。12月に手術した病院で、金属をとるかどうか、相談、決定することになっていますが、他の先生の見解も参考にして、決定したいので、ご意見をお願いいたします。
現在歩行は杖なしで、できます。痛みは常時ではありませんが、動作によってはあります。
階段、斜面等の歩行は十分ではありません。リハビリは継続しています。このままにするか、金属を除去した方がいいか、参考のご意見をお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
国際的には、骨折の内固定に用いたボルトやプレートは除去しません。
少し補足情報を下さい。
①現在、動作によって痛みがおあることや斜面等の歩行は十分ではないことは、金属プレートとボルトのためですか?
②主治医は金属類の抜去について、どのような見解でしょう?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
さっそくに、ありがとうございます。パソコンに不慣れもあり、利用について、十分理解できず、もうしわけありません。
若い者に利用の方法をたしかめながら、再度、改めまして 来月ご相談させていただきます。12月中旬には、主治医の診察日があります。先生はどちらとも、はっきり、おっしゃらないので、どうしたものかと、悩むのですが、まずは、主治医の先生の見解をすこし、つっこんでこちらからおききしてみます。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
要諦は、動作によって痛みがあることや斜面等の歩行は十分ではないことが、金属プレートとボルトのためかどうかを確認されることです。
主治医の回答がYes(プレートのために痛みや動作の制限がある)であればプレート抜去が必要ですが、Noであれば(普通はNoです)、抜去は不要だとお考え下さい。

整形外科 についての関連する質問