JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

仕事では、一日中、パソコンを使ってデータの集計や原稿作成の作業を行っています。作業量が多いうえに、毎週金曜日の期限が

解決済みの質問:

仕事では、一日中、パソコンを使ってデータの集計や原稿作成の作業を行っています。作業量が多いうえに、毎週金曜日の期限が厳しく、間に合わせるために、何時間も連続して作業を行ってきました。
今年5月に、月次データと年度データが重なり、時間に追われる中で右上腕部の痛みが発症して、無理して長い間作業を続けたために痛みが強くなりました。
そのご、自宅近くの整形外科クリニックに通院して、1度消炎鎮痛剤の注射をしましたが、あまり効き目がありませんでした。レントゲンでも特に異常は認められませんでした。
現在は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の薬を服用して、モーラステープを貼っています。
10月になって痛みが強くなりましたので、先生に話をしたところ「MRI検査を行いましょう」と言われてMRI検査を行いました。
10月29日、検査の結果について、クリニックの先生から次の説明がありました。
「(MRIの画像を見ながら)腱板でよく痛むのは棘上筋というところですが、ここは綺麗です。棘上筋の深部から肩甲下筋の上にかけて腱板疎部という柔らかいところを中心に損傷があります。外傷もないということになると、前から痛んでいて、何かのきっかけで損傷した可能性が高いと思われます。これは単純な五十肩ではなくて、腱板の損傷を契機とした炎症です。この状況ですと、単に消炎鎮痛剤の注射をすればいいという訳にも行きません。上腕二頭筋の腱鞘炎もありますが、それだけではなく、腱板という組織で炎症が起きています。この年齢では自然には断裂しません。腱まで損傷しているというのは珍しいです。何か切っ掛けがあったと思います。損傷は治りませんが、炎症が静まる人もいますので、少しの間、様子を見てもいいと思いますが、11月に入って仕事に差し支えるということであれば、総合病院を紹介しますので、そこで手術や関節鏡を含めて相談してみてください。手術となれば、容易いものではなく、その後のリハビリも含めてそれなりの時間はかかります。棘上筋であれば手術をして治りますが、その前の部分は痛みが残りやすいですし、手術をしても再発する可能性はあります。」
●朝は、右上腕部に少し張る感じや右腕が重くなるなど違和感がありますが、痛みはほとんどありません。休日は、ほとんど痛みはなく、日常生活が支障なく行われています。手術をして、後遺症が残り、却って日常生活に支障が出た場合のことを考えると、手術に踏み切れません。
●一方、職場でデータ集計などの作業を続けていると、右上腕部が浮腫んで、痛みが起きてきます。また、自宅でパソコンを使って仕事をしていても、徐々に右上腕部に痛みが起きてきます。つまり、右腕を曲げた状態で、マウスを握る際に力が入り、その状態を続けていると患部に症状が現れてきます。このほか、右腕を曲げた状態で物を持つなど力を入れるとズキンと痛みが起きてきます。
日常生活では手術をする必要性を感じません。ただ、仕事でパソコン作業では痛みが起きてきます。肩の手術は難しいと聞いています。手術を行った場合、どこまで症状が改善するか分からず、手術をすべきか悩んでいます。先生のお考えをお聞かせください。
また、パソコン作業と患部の損傷の関係が分かる専門医を探しています。横浜市に住んでいます。専門医を紹介していただけますか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。一昨年、お母様のことでご質問に回答させていただいたことがございます。http://www.justanswer.jp/medical/84alg-.html その際にも述べましたが、「病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです」。 ①上記、ご理解を賜れますでしょうか? そもそも「パソコン作業と患部の損傷の関係が分かる専門医」はいないと思います。肩関節の専門医、専門外来はあるのですが。 ②実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では相談者様の状態を把握することができません。「先生のお考えをお聞かせください」とのことですが、腱板損傷に関する一般論を述べればよいのでしょうか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
①、②ともに了承しました。一般論は結構です。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
払い戻しを希望されますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
いいえ、結構です。
クリニックの先生によく相談してみます。
これで終了させてください。
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山様
灯台もと暗しで、地元に専門医がいました。
現在通院中です。
お世話になりました。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご連絡ありがとうございました。
何よりでした。

整形外科 についての関連する質問