JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脊柱管狭窄症で坐骨神経痛で臀部から太ももの後ろにしびれが出ていましたが、AKAでだいぶ楽に なりましたが、しびれ(

解決済みの質問:

脊柱管狭窄症で坐骨神経痛で臀部から太ももの後ろにしびれが出ていましたが、AKAでだいぶ楽に
なりましたが、しびれ(以前ほどではありません。間欠はこう(文字が出てきません)はありません。歩く時に痛みはありません。定期的にMRIを受けた方がよいのでしょうか? AKAを続けていてよいのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

AKA法は、医学界で認められた、有効性と安全性が確立した治療法ではありません。
http://youtuu50.iinaa.net/youtuu50-3.html

①なぜ、AKA法を受けることになったのか、その経緯を教えていただけますか?

②AKA法にも様々な亜流があるのですが、相談者様の場合は、具体的にはどのような施術を受けられているのでしょうか。「仙腸関節の調整」ですか?

③脊椎・脊髄の専門医にかかられるご意向は無いのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

質問者: 返答済み 1 年 前.

仙腸関節の調整です。知り合いが「間欠はこう」(10分歩くと立ち止まっていた)が5回ほど受けて、もう何年も普通に歩けるようになったと聞いたこと。健康情報誌で整形外科の先生も推薦されていたことからです。整形の療法士の方に先生の指示で施術してもらっています。仙腸骨あたりを軽く揺らすような、押すような感じで5分ほどです。痛みも強く感じることもありません。脊椎・脊髄の専門家に掛かる気持ちはあります。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載のような施術で脊柱管狭窄症が悪化することはありませんので、施術を受けられること自体は継続されても問題は無いと思います。
しかしそれで脊柱管狭窄症が治ることはありません。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。

リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法やブロック注射といった対症療法が行われますが、次第に進行し、最終的には手術が必要になります。

専門医にかかられて、定期的に進行を確認され、状況によっては手術も視野に入れられる必要があるでしょう。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

教えて下さったリリカなどのお薬を使った方が良いのでしょうか?

ほとんど痛みはなく、坐骨神経痛を感じるときに、臀部から太もものの裏にボルタレン・ゲルを塗りこむと痛みを感じることは、ほとんどありません。 背中を反らせることや上向きで寝ることを止めるように、通っている整形外科の先生に言われたのですが、他の整形に行っている人は「そんなことは言われていない」と。それらの事は脊柱管狭窄症を悪化させるのでしょうか?

狭窄があってもほとんど症状の出ない人もいるようですが、狭窄の部分によるのでしょうか? 少しでも進行を遅らせる注意事項はありますでしょうか? 術式も色々あるようですが、手術してもよくならない事があるということも聞きます。あまりに酷くなってからやるからでしょうか?

整形外科 についての関連する質問