JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

膝半月板が断裂しているとの診断を受けました。整形外科でMRI検査の結果、3層に断裂していることのことです。 ロッキ

解決済みの質問:

膝半月板が断裂しているとの診断を受けました。整形外科でMRI検査の結果、3層に断裂していることのことです。
ロッキングが2か月で2回発生していて、縫合か除去の提案を受けていますが、それ以外の方法はないのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。 半月板にはほとんど血流がありませんので、手術で縫い合わせるか、断裂部分を切除しない限りは治ることはありません(切除になるか縫合になるかは断裂が起きている部位によって決まります)。膝は荷重関節ですので、日常生活の中でも断裂は広がっていきます。よって、できるだけ早い時期に手術を行うのが最近の主流になってきています。http://matome.naver.jp/odai/2142521829039180001↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 「近年では人工半月板移植や死体からの半月板移植などの先進的治療も試みられていますが、いまだ臨床結果は良いものではありません」http://enjoy.nikkansports.com/health/201003/100310120308.html 相談者様におかれましては、現実的な治療選択肢は、縫合か切除の二択ということになると考えます。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ファイバーで膝の中を見て、縫合できるなら縫合してもらい、縫合できないなら手術をやめるというのは可能でしょうか
現実的でしょうか?※切除はできるだけ避けたいです。
縫合して血液を使用して固めるのだと聞いています。うまく固まるかにも左右されると思いますが、一般的にどのくらいもつのでしょうか?
縫合できないとして、ロッキングの回避方法ありますか?ロッキングしたら私の2回目の対処方法のように半月板部を開いて
入れるしかないく、自分では治せないので
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信・プラス評価ありがとうございます。
> ファイバーで膝の中を見て、縫合できるなら縫合してもらい、縫合できないなら手術をやめるというのは可能でしょうか 現実的でしょうか?
それは、執刀医に術前にそのように話をしておけばよいので、難しいことではないと思います。
さて、JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。
途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。
そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html
http://www.justanswer.jp/ob-gyn/91pjk-.html
この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。
既に当初のご質問(「縫合か除去の提案を受けていますが、それ以外の方法はないのでしょうか?」)に対しては過不足の無い回答をしたつもりです。
「ファイバーで膝の中を見て、縫合できるなら縫合してもらい、縫合できないなら手術をやめるというのは可能でしょうか 現実的でしょうか?」という追加のご質問にもお答えしました。
さらなる追加のご質問(「一般的にどのくらいもつのでしょうか? 縫合できないとして、ロッキングの回避方法ありますか?」)がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

整形外科 についての関連する質問