JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 897
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

お世話になります。私は51歳の男ですが、10年前からリウマチと言われ、その治療(ステロイドやリューマトレックス、生物製剤

解決済みの質問:

お世話になります。私は51歳の男ですが、10年前からリウマチと言われ、その治療(ステロイドやリューマトレックス、生物製剤など)をしてきましたが、5年前(2010年12月ごろ)に急に背中が痛くなり、その3か月後(2011年3月ごろ)には、程度の差はあるものの脊椎のほとんどが潰れてしまいました(ご参考として両方の時期のMRI画像を添付します)。今は何とか歩行もできますが、長距離、長時間はできません。また、長時間デスクワークをしていると手足が痺れてきたりして、日常生活に支障もきたしております。普通の人よりも近い将来、歩けなくなり寝たきりになってしまうことを危惧しております。最近は、骨セメントや低侵襲腰椎前方進入椎体固定術等の手術治療があると聞いています。骨セメントは色々な病院で聞きましたが、既に固まってしまっているので適用外とのことでした。低侵襲腰椎前方進入椎体固定術なら適用可能でしょうか。もし可能な場合、手術をすれば劇的に良くなるのでしょうか。ご教示いただきますようお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr-K 返答済み 2 年 前.
こんばんは。総合診療医のKKと申します。 ステロイドの副作用による骨粗鬆症に起因する骨変形であると思われます。 低侵襲腰椎前方進入椎体固定術なら適用可能かどうか、可能な場合に手術をすれば劇的に良くなるかどうかを、あなたを診察せずに言い当てることは困難です。 神経内科と、脊椎外来がある総合病院を受診されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
kk先生ご回答ありがとうございます。ステロイドは1日10mg程度で3年程度服用していましたが、それくらいで骨粗鬆症→胸腰椎圧迫骨折になってしまうものでしょうか。実はその腰が痛くなった時に、埼玉医大の整形外科で悪性リンパ腫が脊髄(L4,5あたり)にあるかもしれない。即手術しないと歩行できなくなったり、排尿ができなくなると言われました。しかし、仕事が忙しく結局手術はせず、その3か月後に胸腰椎圧迫骨折になってしまったという経緯です。その後、毎年CTやPET-CTなどで検査し、今年2月に腋窩リンパ節生検をして濾胞性リンパ腫があることがわかりました。骨折の原因が血液のがんかもしれないとすると、なお複雑になってしまいますが、その場合でも神経内科と脊椎外来で大丈夫でしょうか。その場合には、今の血液内科とリウマチの主治医に診療情報提供書を書いてもらいますが。よろしくお願いします。
専門家:  Dr-K 返答済み 2 年 前.
そのような情報(埼玉医大の整形外科で悪性リンパ腫が脊髄(L4,5あたり)にあるかもしれない。即手術しないと歩行できなくなったり、排尿ができなくなると言われち)を、実は、という形で後出しにされるべきでは無いのではないでしょうか。
MRI上、それを示唆する所見は無いようですが。
ステロイド1日10mg程度というのは、プレドニン(プレドニゾロン)のことでしょうか? であれば、骨粗鬆症は十分にありえます。
悪性リンパ腫であったとしても脊椎外科での対応は必要になりますから、先ほどの回答に変更はありません。
総合病院ならば血液内科もあるはずです。
Dr-Kをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
KK先生ご回答いただきありがとうございます。では、今血液内科で通っている東京女子医大の整形外科を受診したいと思います。
ありがとうございました。

整形外科 についての関連する質問