JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年80歳になる母が、5月に両膝の人工関節手術を受けたのですが、術後から「足の感覚がない」「しびれる」等の悩みを訴え

解決済みの質問:

今年80歳になる母が、5月に両膝の人工関節手術を受けたのですが、術後から「足の感覚がない」「しびれる」等の悩みを訴え、歩行もあまりよくできません。以前のように膝の痛みはないようなので、傍目には五十歩百歩のようにも思えますが、当人は最近では気落ちしてノイローゼ気味です。ネット等で調べると「腓骨神経麻痺」という言葉がでてきますが、担当した医師からは「足は良くなってきている」というばかりで、手術からすでに4ヶ月経ちました。どのような対応が望ましいのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。
ご指名ありがとうございます。

人工膝関節置換術の合併症として腓骨神経麻痺が認められることはありませんが、偶発合併はしている可能性があります(腓骨神経麻痺では、膝下の外側の感覚障害が特徴です)。

神経内科を受診され、神経伝導速度検査を受けられれば神経障害の有無がはっきりしますし、必要ならば治療も受けられます。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
整形外科主治医からの紹介状を持参されるのがよいでしょう。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

この場合、手術を担当した医院にも責任のようなものはあるのでしょうか? 人工関節手術ではよくあることなのでしょうか?

ご紹介いただいた医療機関で治療する場合、やはりこちらの責任において治療費は負担するべきものでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
前述しましたように、人工膝関節置換術の合併症として神経麻痺が生じることは知られていません。確実に因果関係を証明できない限りは(それは法律カテゴリーの問題になります)、かつ術前に署名した同意説明文書にその可能性の記載が欠けている場合を除いては執刀医責任は問えませんし、神経内科でかかる費用も自己負担となります
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

「人工膝関節置換術の合併症として神経麻痺が生じることは知られていません」「偶発合併はしている可能性があります」とのことですが、手術の直後から(両膝をしたのに)左右ではまったく感覚が違っていたとのことです。

こういった場合でも「手術による合併症ではない」といえるのでしょうか?

担当医に聞いても[膝は良くなってきている」というだけで、本人にはその自覚がなく、日々「はたして良くなるのだろうか?」と最近ではノイローゼ気味になっています。

整形外科 についての関連する質問