JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14257
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母親の脚についての質問です。 母親は現在80歳です。

解決済みの質問:

母親の脚についての質問です。 母親は現在80歳です。 60代半ば頃、膝が痛いと言って整形に行ったところ痛みの原因は、膝に水がたまっているからと言われ、水を抜いてもらいました。その時は、痛みどめの飲み薬と軟膏、湿布を出されましたが特に、何らかの病名を告げられたり、レントゲン等の検査をする事なく帰宅しました。その後、同じような症状が出る度に病院に行き、水を抜いてもらう…の繰り返し。水を抜いてもらうと痛みが緩和されるとの事で、定期的な通院や検査はしないままでおりました。が、徐々に状況が変わって悪くなり、現在は
①室内での歩行→歩き始めの赤ちゃんのような歩き方で、ドスドスと足音がします。 ②屋外での歩行→平地:杖を使用。段差がある所では手すりや補助が必要。 ③屋外での歩行→坂道:手すり、補助が必要。歩行速度は遅いです。 ④段差、階段 →階段はほぼ上り下り困難。段差は補助が必要。 ⑤車への乗降 →乗:膝を曲げるのが大変な為、時に脚が持ち上がらず、家族が持ち上げて納める。           降:地に足をついた後、つかまり立ち。杖使用or補助で歩行。 ➅靴・靴下等→ 靴下:足首にゴムが入っていない、すべり止め付の物を着用。           靴:介護用(甲の部分がマジックテープで開閉出来るタイプのもの)を使用。           ※感覚が鈍くなっている為、靴下はズレたり脱げたりしても気づきません。
また、足首は二段になっている感じで、脚の甲は膨れてパンパンになっています。その為、靴を履く際にスッポリ入らず、脱げないようにベルトで固定しています。 近所の整形の医師はリハビリとリウマチが専門だそうです。勿論、他の診察や治療もされていていつ行って患者は沢山いますが母の脚の状態については ①痛みがなくても定期的に診察に来て下さい。 ②時間を決めて一日に5分でも10分でも歩く練習をしなさいとアドバイスをいただいている以外、検査の必要性については言われていません。その為、母は脚の状態が悪くなった今でも、痛みが出ない限り病院には行かず、歩練習もしておりません。
私の家は、母以外の家族は仕事がある為、日中は家におりませんので母には「歩けなくなっても、誰かがつきっきりで世話をする事は出来ないんだから歩く練習をするのが辛いなら、別の病院できちんと検査をしてもらって今の状態に見合った治療をしようと話しているのですが、検査をしてもきっと治らないから…と消極的です。本人ではないので、痛みの程度はわかりません。けれど、この先歩けなくなって、誰かの補助がないと動く事が出来ないようになってしまったら本当に困ります。 膝の痛みの原因はがどこから来ていものなのか、病院に行ったら何科でどんな診察や検査を行うのか、また、甲の腫れや麻痺している感覚は治療で治せるのか教えていただきたく存じます。勤め人の為、通院の送り迎え、付き添いは制約されてしまいますが家族として出来る限りの事はしなければと思っておりますので宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。 実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、また、疫学的観点からも、お母様が呈されている膝のトラブルは「変形性膝関節症」によるものでしょう。適切な治療がなされてきていませんでしたから、既に進行期にある可能性が高いと考えます。https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/knee_osteoarthritis.htmlhttp://www.richbone.com/kansetsu/ill/ill.htm 足のむくみについては原因はわかりません、心不全でも血管障害でも起こりますし、リンパ浮腫でも起こります。膝の痛みのために運動量が少なくなって下肢の循環が悪くなっているだけなのかもしれません。 お母様が通われていた「近所の整形」は、個人開業医なのではないかと推察します。お母様のの主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。私見としては、背骨、肩、手、膝関節、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 変形性膝関節症は、加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。鎮痛剤は炎症を鎮めるだけの対症療法ですし、水(貯留した関節液)を抜くことも、ヒアルロン酸の関節内注入も、摩擦を減らすだけで、それによってすり減った軟骨が元に戻るわけではありません。膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。根本的に痛みを取り除くには、手術が必要です。膝関節を人工関節に置換する必要があります。非手術療法としては膝周囲の筋力を強化し、関節の安定性を高めるための運動療法がありますが、その効果は限定的です。日常生活をする上で大きな支障が出ているようですので、手術治療も検討されるべき状態だと思われます。現主治医に紹介状を作成してもらい、MRI検査を行える規模の整形外科を受診されることをお勧めいたします。むくみに関しては循環器科の診察が必要ですから、総合病院の紹介を受けられるのが良いでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧な回答をいただきましてありがとうございます。
もう少し質問させていただき度、宜しくお願い致します。先生の御推察通り、母が診察に行っている整形は個人病院です。
リウマチとリハビリが主ですが、一般の整形診察もしています。
母は痛みが出た時にだけ診察に行っていますが、とても混んでおりまして
朝一番で行っても、診察が終わり会計を済ませて病院を出る頃にはお昼を回っています。
整形は何処の病院も混んでいますが、先生の仰る通り、時間も診察代もかかります。母の脚の治療について、根本的に痛みを取り除く為には手術が必要…との事ですが
①診察→手術→退院まで、どのような感じで行われるのか教えていただけないでしょうか?
②診察→手術:初診・検査・手術までどれくらいの時間がかかりますか?
③手術の所要時間はどれくらいですか?
④手術~退院まで、どれくらい入院するのですか?
⑤退院後は普通に歩けるようになるのですか?
➅高齢での手術ですが、体力的には問題ありませんか?症状が進行中との事で、このまま放置しておいたら歩けなくなってしまいますよね。
母はこんな状態になっても、検査や治療に対して消極的で「もう治らないからいい」と言っています。
手術して痛みから解放され、補助がなくても歩けるようになる事を考えて
家族としては最良の方法を選択したいのですが、母の中には不安もあるのだと思います。
どのように話したら前向きに考えてくれるでしょうか?質問が多くてすみません。
気持ちの準備をしっかりしてから母には話したいと思っていますので
宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.htmlhttp://www.justanswer.jp/ob-gyn/91pjk-.html この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。既にインターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。追加のご質問①~⑥は、実際に受診をされた後に、お母様を診察し、検査した医師にお尋ねになるべき事項だと思います。診断も確定しておらず、また患者様ごとに重症度は異なり、様々な個人差もあることを考慮されて下さい。「 どのように話したら前向きに考えてくれる」のかどうかは、ご家族間の話し合いの問題でしょう。 評価をお願いいたします。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14257
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    114
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2794
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    314
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問