JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右腕が数か月前から上げにくく、腕の動かせる範囲も制限されます。痛みもあり、腫れぼったいです。五十肩なんでしょうか?宜

解決済みの質問:

右腕が数か月前から上げにくく、腕の動かせる範囲も制限されます。痛みもあり、腫れぼったいです。五十肩なんでしょうか?宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。 実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。 「腱板損傷肩甲下筋断裂」という診断を受けられた病院と、「五十肩」という診断を受けた病院では、それぞれどのような診察と検査を受けられたでしょうか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
腱板損傷肩甲下筋断裂の診断をされた病院ではMR検査を受けました。五十肩と診断された病院ではレントゲン写真のみです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 レントゲン検査では骨しか映りません。乱暴に申し上げれば骨折か脱臼の診断にしか使えないということです。 腱板損傷も五十肩も骨そのものには問題はありませんから、レントゲン検査しか行わなかった、後で受診された病院の診断結果は信頼性が高いとは言えないでしょう。MRI検査であれば断裂した肩甲下筋そのものを描出できますから、診断は「腱板損傷肩甲下筋断裂」で間違いないのではないかと考えます。 腱板損傷(腱板断裂)の治療には、大きく、手術と保存療法(リハビリテーション)の2つの選択肢があります。。http://matome.naver.jp/odai/2142901051550420701↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 軽症ならば保存療法、重症ならば手術が選択されます。「右腕が数か月前から上げにくく、腕の動かせる範囲も制限されます。痛みもあり、腫れぼったい」ということですから、状態は決して軽症とは言えないものだと推測します。手術を勧められたということですが、診察医もそのように判断したのでしょう。手術をしなければ状態の改善は望めず、むしろ悪化していく可能性も考えられます。 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問