JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

1943.9.5生 男 160cm1、2008年2月に初めての脊柱管狭窄症手術

質問者の質問

1943.9.5生 男 160cm
1、2008年2月に初めての脊柱管狭窄症手術 ****早期退社の***整形病院、**、**医師にて実施。術後右足親指の痺れが起こり、筋トレ1年後33才より続けてるテニス開始(小学生から33才まで野球をやり八千代市民大会で優勝し肩を壊したのでテニスへ変更).
2、2012年10月再度腰が痛くなり**整形へ行きましたが非常に応対が悪かったのでHPで**大学、*****、**大学を尋ねたが近距離で内視鏡行ってる**整形にてMLEを実施。
親指の痺れと足裏肉塊の盛り上がりそのまま、腰痛はよくなった。
3、2013年5月右側嚢張り部の痺れが出てきたので神経を針で刺し確認、MRI検査後再度MLE手術。痺れは取れた。3ヵ月後テニス開始。
4、2014年7月腰痛再発4と5の脊髄間隔狭くなり、動いているので固定術PLIF実施。
1年後腰痛よくなった、右側でん部、足のすね、右足しびれが術前よりまし、足裏の肉塊の膨らみもました。MRIは全く正常とのこと。NHK放送の脳による悪さのよう(**医師は言葉少なく説明せずいろんな部位画像を視聴してる)とのこと、運動は続けること。温シップ、冷シップ、バンテリンジェルの処方だけで終わり。現在だましながらテニス継続中。それとボルトを入れたためその部分が硬直するものですか?徐々に軽減するのでしょうか?また、どうして術前同意書には痺れが起こることが記述されてるのか?間違えて触るとのことですね。
◎痺れとは神経を何かが触ってるか手術により接触したと思うのですが。違うのでしょうね。
◎神話のようですね、**医師は診察さえ再来年とのこと、メディア、PCメールの弊害が如実にでてる。
◎人間、動物は手術をやらない方向に政治、医学、メディアは見つめなおす機会と思う(キリスト教ではないが) 以上
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。 ①「順天堂浦安早期退社の新浦安整形病院」、「右側嚢張り部」は誤変換ではないかと推察いたしますが、正しい記載を教えていただけますか? ②「足裏肉塊の盛り上がり」という表現がありますが、脊柱管狭窄症による「右足親指の痺れ」だけではなく、足の裏に、実際に肉の盛り上がりがあり、それが増大しているのですか? 診察医からはその肉塊についてどのように説明を受けられていますか? ③JustAnswerは公開サイトですので、病院や医師の実名を記載することは、(回答に必要が無いのであれば)あまり望ましくありません。◎で挙げられている3点を見ると、診察医の批判や、医療への提言を目的にこの投稿をされているかのように見受けられます。今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 「それとボルトを入れたためその部分が硬直するものですか?徐々に軽減するのでしょうか?また、どうして術前同意書には痺れが起こることが記述されてるのか?」がご質問であると理解してよろしいですか? ④上記の理由で病院名や医師名は伏せ字にすべきと考えますが、そのように運営サイドに連絡してもよろしいでしょうか。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
1、すみません;右側足のすねの痺れです。(右側 腰、臀部、足のすね、足の先まで連続して痺れてるので右に比べ歩く足の力が半分ほどです、腰に温感シップをはると若干軽減する)
2、レントゲンでも異常は認められず、当方は軟骨が出てるように感じてる・・・・多分右足の痺れで歩くときの指の押さえのタイミングが狂っているように感じてます、又フローリングの平らな固い床を歩くと左は問題なく右は足裏の肉塊が痛く左右の差が顕著にでる。現在手の指で親指,肉塊を触るだけで痺れてるのがわかり、左足は全く痺れず。医師は外反母趾といってるが痺れが取れなければダメと思う。しかし術前の同意書では痺れは残りますと記載されてる。何のための手術なのか小生にはわかりません。痺れ痛みをとるのが目的ではないのですか。
3、病院名、医師名は伏せてください。 4、3項と同じ。
5、PLIF(固定術)実施後の患者は他医院では対応できない(言;出沢医師病院)とは本当ですか。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
⑥脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。
脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
相談者様の脊柱管狭窄症の原因疾患を教えてください。
⑦2008年に初めて手術を受けられたとのことですが、症状を自覚するようになったのはいつ頃でしょうか? 手術の前、いつ頃から、安静にしていても痛みや痺れが生じるようになっていたかご記憶であれば教えてください。
以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

整形外科 についての関連する質問