JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。 56歳女性。第8胸椎圧迫骨折。診断書を3週間出してもらいました。コルセットが8月11日にできま

解決済みの質問:

お世話になります。
56歳女性。第8胸椎圧迫骨折。診断書を3週間出してもらいました。コルセットが8月11日にできます。仕事に戻ったら、一人前とみなされハードな仕事とメンタル面も厳しい仕事が待っています。
症状は、痛みだけです。麻痺はありません。
最低1か月半の医療用コルセットは着用しないといけないそうです。昨日型をとりましたが、コルセットは骨盤から胸まであります。
この酷暑のなか、以前と同じようにコルセットをして仕事をする自信はありませんが、自宅安静はどれくらい必要なのでしょうか。私としては、コルセットをしている間は仕事は無理と考えていますが、ご意見を聞かせてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

相談者様の骨折の度合いや骨密度が分かりませんので一般論になりますが、受傷後2~4週間は基本的には臥床、用事があって座ったり立ったりする際にはコルセットを装用、次第に立位で過ごす時間を伸ばしていきつつコルセットを外す時間を延ばし、最終的には2~3ヶ月でコルセットが外れる、というのが脊椎の保存的治療の流れになります。

診察医が「3週間の自宅安静の診断書」を作成したということは、おそらく相談者様の場合は、上記の下線部の期間が3週間かかるのだと見込んでいるのだと思われます。

しかしご記載を拝読する限り、その後すぐにお仕事に戻ることは難しいと思います。
「仕事に戻ったら完全に1人前と見なして容赦なく仕事をしなければ」ならないのであれば、早くとも職場復帰は2ヶ月後とすべきであると考えます。

これで回答になっておりますでしょうか?

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご丁寧な回答有難うございました。

昨日検査した骨密度の検査は、X線(MD法)で両手を撮影しました。ΣGS/ Dが2.21でMCIが0.391でした。専門家ではないのでこの値の意味するものは、全く分かりませんが、ΣGS/ Dは同性同年代の88.27%で、MCIは若年成人平均値(YAM)の77.11%でした。今回の結果は、「骨量減少で注意が必要。医師の指示に従って、食事や運動に心がけましょう。」というものでした。併せて、採血でもわかるので採血の結果を待っているところです。

医師の判断としては、最低でも1か月半はコルセットをする必要があり、安静が必要とのことでした。仕事についてお聞きしましたら、安静が必要なので最低2~3週間は休んで安静にした方がよいとのことでした。それで一応3週間の診断書を書いてもらいました。

今後については、症状や治療の様子と私の仕事のハードさを説明して

追加の診断書を書いてもらうつもりです。

初めてのことで、知人は2週間入院したりとその人の病状で異なっているんだど推察していたところです。

仕事は、デスクワークが長く、発生届がでたら外勤が必要です。72時間以内の調査も必要です。土日もありません。いろいろなところに打ち合わせに出向いたらりもします。

胸まであるコルセットでは、外勤も長いデスクワークもできませし、昼間に外勤して、残業して調査記録や入力作業もあります。

安心して仕事に復職しないと、スタッフにも迷惑をかけるし、自分の体にも負担がかかってしまいます。

主治医と相談しながら、やって行きますが、医師には守秘義務がありますので、もっと私の仕事の内容とハードさを詳しく説明して理解してもらうつもりです。

医師は、スポーツドクターでもあるみたいなので、今後はリハビリやスポーツについても指示を仰ぐつもりです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
どうかお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問