JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

4.16 夕 に買い物で歩いているうちに 右足の甲が痛くなり 揉んだためか夜にははれてしまいました。シップを貼り 翌

解決済みの質問:

4.16 夕 に買い物で歩いているうちに 右足の甲が痛くなり 揉んだためか夜にははれてしまいました。シップを貼り 翌日には 良くなったのですが 2日後から 足の右親指周辺が痺れはじめ 酷いときは すねのあたりまでだるくなってきました。
整形外科受診でMRIを取り 第4・5腰椎及び仙骨ヘルニアがあり このための痺れだろうということで投薬を受けました。メチコバール・ノイロトロピン・リリカ100mg
2か月近く飲みましたが あまり改善されず6.30の診察時に尚2か月の処方をもらったのですが リリカを飲む不安から 今は何も飲んでいません。 整体に行ってテーピング・針等を5回受けました。先週あたりから 痺れが強くなった気がします。右足の痺れ 足首からすねのこわばり 時々臀部まで痺れます。足を揉んだり まわしたりすると痺れが一時的にとれます。じっとしているときが一番じんじんします。動いていたり 靴をはいているときは痺れがありません。今後どうしたものか思案中です。介護3の母がいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

リリカは、神経障害性疼痛の治療薬ですが、有効用量は1日300~600mgです。

「リリカ100mg」が1日100mgだったのだとすれば、無効用量を服用し続けていたことになります。

ビタミンB12製剤(メチコバール)は3ヶ月以上の服用が必要です。

治療が不十分であったと考えますが、「リリカを飲む不安」とのご記載もあります。

①何か、リリカによると思われる副作用があったのでしょうか?

②今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

リリカを飲んで 頭がふらつき不安になりました。

薬剤師さんにもあまり服用は進めないと言われ 車も良く乗るので躊躇してしまいました。

痺れは足も親指を曲げるとビリビリくるのと 親指周辺の裏がジーンと痺れるものです。そして足首のあたりのこわばりが増えた気がします。段々症状が増えていくようで心配と今受診している先生では痺れはリリカしかないんだよと言われ

何も相談できません…

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

感覚障害(痛み・痺れ)が生じている場所から逆引きしますと、「第4・5腰椎及び仙骨ヘルニア」(L5、L5,S1~)という診断は正しいのであろうと思われます。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg
http://asahi.co.jp/hospital/archive/kaisyo/youtsu/point/images/point_img_01.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

私の見解を申し上げるならば、椎間板ヘルニアでは大多数が数ヶ月以内に症状が自然に改善・消失しますので、現時点で手術を勧められることは考えにくいと思います。
保存療法=非手術療法はリリカだけではありません。

十分量のリリカ(神経障害性痛治療薬)、ノイトロピン(神経障害性痛治療薬)、メチコバール(ビタミンB12)の他、オパルモン(血流改善剤)、テグレトール(抗てんかん薬)、サインバルタ、トリプタノール(抗うつ薬)といった薬物療法の他、 運動療法や神経ブロック注射の有効性も期待できます。

専門医のもとでこれらの治療が行われるか、ペインクリニックを紹介されることになるのではないかと予想します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問