JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3か月ほど前に頚椎症性神経根症と診断されました。牽引等行っていますがなかなか改善せず強い不快感があります。そんな中、

解決済みの質問:

3か月ほど前に頚椎症性神経根症と診断されました。牽引等行っていますがなかなか改善せず強い不快感があります。そんな中、先日、わき腹というよりちょっと背中側(横隔膜)のあたりが締め付けられるような感覚に襲われた後、動悸が激しくなり、立っているのが辛くて仕事を続行できなくなってしまいました。数時間後ほぼ回復しましたが、頭がやや重たく感じます。頚椎症性神経根症と関係あるでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】 こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。 頸椎症性神経根症によって圧迫を受ける神経で心臓に関係するものはありませんので、「背中側(横隔膜)のあたりが締め付けられるような感覚に襲われた後、動悸が激しくなり、立っているのが辛くて仕事を続行できなく」なったという症状は頸椎症性神経根症とは直接の関係は無いものと考えます。 心臓にも異常がないという前提で回答するならば、パニック発作がもっともご記載に近い病態であるように思われます。 週明け以降、整形外科の主治医と相談の上で、紹介状を作成してもらい心療内科を受診されることをお勧めいたします。 以上、ご参考になれば幸いです。 =================現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)におけるパニック発作の診断基準を以下にお示ししておきます。本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。強い恐怖または不快を感じるはっきり他と区別ができる期間で、そのとき、以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が突然に発現し、10分以内にその頂点に達する。(1) 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加(2) 発汗(3) 身震いまたは震え(4) 息切れ感または息苦しさ(5) 窒息感(6) 胸痛または胸部の不快感(7) 嘔気または腹部の不快感(8) めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ(9) 現実感消失(現実でない感じ)または離人症状(自分自身から離れている)(10) コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖(11) 死ぬことに対する恐怖(12) 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)(13) 冷感または熱感
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問