JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

76歳男性です 左手子指デュピュイトラン拘縮と診断され、手術を勧められました 右手にも多少あるとのことです 自

解決済みの質問:

76歳男性です
左手子指デュピュイトラン拘縮と診断され、手術を勧められました
右手にも多少あるとのことです
自分の余命を勘案して、果たして手術が100%かな? と思案しています
このまま成り行きに任せるか 手術がベストか
ご教示ください
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

デュピュイトラン拘縮で死ぬことはありませんから、手術を受けるか受けないかで余命が変わるわけではありません。

一方で、デュピュイトラン拘縮の手術で余命が変わることもありませんし、副作用で苦しみこともないでしょう。何日間か、痛みや他の不自由さが煩わしいかもしれませんが。

がんなどの致命的な病気で「自分の余命を勘案して、果たして手術や化学療法が100%かな? と思案」することはありえると思いますが、デュピュイトラン拘縮でそこまで哲学的に考える必要があるでしょうか?

手術をすれば、数日の不自由のみで手指は動きやすくなり、後はそれまでと同じ生活を送ることができます。

ご質問の背景を教えていただけますか?
ものすごい大病で、ものすごい大手術を受けるようなイメージをお持ちなのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

3週間は入院が必要とのことです

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

つまり、「このまま平均寿命まで生きたとして人生あと5年。その間の3週間を無為に費やしてしまうのは意味が無いかもしれない」と悩まれているということですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信遅れました

申し訳ありません

大要おっしゃる通りです

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

あと2つ、質問させて下さい。

①相談者様が今、水虫にかかって非常に痒みが強かったとしても(他人には感染しない水虫だということにしましょう)、「あと5年の我慢だし……」ということで治療をためらいますか?

②デュピュイトラン拘縮は進行性の疾患なので、今手術しなければ手の動きはどんどん悪くなっていくかもしれません。それは理解されていますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

了解しました

手術を受けるべく腹をくくります

ありがとうございます

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問