JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

4ヶ月以上、左手の主に人差し指が痺れています。 右足もときどき痺れます。 レントゲンで検査をしていただきましたが

解決済みの質問:

4ヶ月以上、左手の主に人差し指が痺れています。
右足もときどき痺れます。
レントゲンで検査をしていただきましたが、首のヘルニアと
診断されました。
以前から、腰は調子ガ悪く、これもヘルニアと
診断されています。
なんとか、手のしびれがとれる方法はないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。 頚椎ヘルニアで人差し指が痺れるのであれば、第6頸髄神経(C6)が圧迫される部位のヘルニアなのだろうと推察致します。http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ 少し補足情報を下さい。 ①リリカは、1日50mgしか服用されていないということですか? ②受診されたのは整形外科ですか? どれくらいの規模の医療機関でしょうか。頚椎のMRI検査は行われていないのですか? ③ペインクリニックの受診は勧められていないのでしょうか。 以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。 【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
①リリカは1日50mmgです。
②整形外科です。我が町では評判の良い病院です。もちろんMRI検査も出来ます。その時は強く勧められませんでした。
③ペインクリニックの受診とありましたが、勧められませんでした。どういう受診なのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。 頚椎椎間板ヘルニアという診断が正しいのであれば、人差し指の痺れはC6神経の圧迫による神経障害性疼痛ですから、リリカは有効なお薬です。ただリリカ(成分名:プレガバリン)は、うまく使いこなされていることは稀なお薬です。この お薬の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」ですが、有効用量の1日 300mgまで用いられていることはほとんどありません。相談者様の場合、最少有効用量の6分の1しか服用されていませんから、効くはずがないと申し上げざるをえません。これから増やす予定なのかもしれませんが。 また、MRI検査を行われていないのであれば、診断からして眉唾ものです。椎間板も神経も、レントゲンでは映りません。レントゲン検査でわかるのは骨の異常だけです。椎間板のような軟部組織が脱出して、神経を圧迫しているかどうかは、MRI検査を行わなければわからないのです。 私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、それぞれの専門性が無い整形外科を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。 まずは確定診断を得るためにその病院でMRI検査を希望されるか、脊椎・脊髄専門医を受診されるべきであると考えます。 【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html その結果として、手術は必要がないと判断された場合は、ペインクリニックの受診が好適となります。多くの場合は、まず神経障害性疼痛に効果があるお薬による薬物療法が行われます。リリカ(神経障害性痛治療薬)の他、ノイトロピン(神経障害性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といったお薬が多く用いられます。神経ブロック注射が行われる場合もあります。全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)http://www.pain.ne.jp/ 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問