JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

手と腕にしびれがあり、MRIで3番目と4番目が悪く頸椎椎間板ヘルニアと診断されました。先生は 歩行困難になることも

解決済みの質問:

手と腕にしびれがあり、MRIで3番目と4番目が悪く頸椎椎間板ヘルニアと診断されました。先生は
歩行困難になることもありますよというだけで積極的な治療やリハビリ、気を付ける事などアドバイスはなく痛み止めの薬リリカ25を一回目は40日分、二回目は60日分いただきました。自分はこれから
どうすればいいのかわかりません。アドバイスを頂きたいと思います。64歳 男性。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①そんな説明では「これからどうすればいいのかわか」らない、「積極的な治療やリハビリ、気を付ける事などアドバイス」してほしい、と診察医に尋ねなかったのでしょうか?

②いつ頃から自覚症状がありますか?

③受診されたのはどれくらいの規模の整形外科医療機関ですか?

④診察医は脊椎・脊髄の専門医だったでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①診察は3回です。思ってもいない病気で気が動転していて頷くだけでした。

②昨年の12月から少しづつしびれと痛みが弱から強になりました。

③大規模な総合病院で担当医は常に3~4名います。

④確認していません

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

個人開業医などを受診されて、効果が無い牽引療法や温熱療法、電気治療といった、医学的には何の根拠も無い処置を受けるよりはずっと良かったと思われて気持ちを慰められるべきでしょう。

「頚椎椎間板ヘルニアの8~9割は、3か月間ほどの保存療法でよくなるといわれます」(http://seitailabo.com/chapter1/pain/pain103.html)。
何もせずに様子を見るか、痛みや痺れに対する対症療法を行うだけで、大半の患者様は自然にヘルニアが治るということです。
つまり「積極的な治療」は、相談者様の場合、現時点では必要が無いとは言えます。
「自分はこれからどうすればいいのかわかりません」ということですが、特にこれといって何かをしなければんらないということはないのです。

⑤「痛み止めの薬リリカ25を一回目は40日分、二回目は60日分いただきました」とのことですが、これは1日の服用量が25mgということでしょうか?

⑥「診察は3回」「リリカ25を一回目は40日分、二回目は60日分いただきました」ということですが、初診されたのはいつのあのですか?

⑦相談者様の主治医の名前は、以下のリストの中にあるでしょうか。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

⑤朝と夜の2回服用です。

⑥2/6初診、2/24レントゲン、3/30レントゲンの結果確認解らず。

4/9MRI受診説明有り。5/14私から病名を聞く。計6回でした。

⑦ありませんでした

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

MRI画像を拝見できませんので重症度がわかりませんが、稀に転倒などによって頸髄損傷を起こし、四肢麻痺を起こす可能性がありますので、転倒や、頚部への打撃に関しては注意されるべきでしょう。

通常は、頚部の安静を保ちながらの保存的治療を行うことになります。
リリカ(成分名:プレガバリン)はそのために用いられる(椎間板ヘルニアによって生じる痛みや痺れを軽減する)お薬ですが、うまく使いこなされていることは稀なお薬でもあります。

この お薬の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」ですが、有効用量の1日 300mgまで用いられていることはほとんどないのです。

相談者様も、1日50㎎しか処方されていないことになります。
最低でも300mg必要なお薬がその6分の1しか処方されていないのですから、効果は望み薄です。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
前述のリストに載っている脊椎・脊髄専門医がいる医療機関を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問