JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

整形外科の先生から足首の手術を勧められてから2年、周囲から猛反対もあって、今では鎮痛剤なしではいられない、手術を受け

解決済みの質問:

整形外科の先生から足首の手術を勧められてから2年、周囲から猛反対もあって、今では鎮痛剤なしではいられない、手術を受けようと思いますが神経、筋、などなどたくさん張り巡らしている足首を人工関節に?
心配でたまりません、失敗率は?私は糖尿病
名医はいらしゃいますか?
吉村メイ
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

大変恐れ入りますが、「名医」の紹介はお断りさせていただいております。

相性の問題もありますし、100%の確率で手術を成功させられる人間はいません。
ある患者様にとって「神の手」であっても、他の患者様にとってはヤブであることがしばしば起こるのが医療の世界です。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があります(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
このため、本サイトでは、私は、特定の医療機関、特に「名医」の紹介・推薦を行っていません。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
重症度もわかりませんから、成功率・失敗率の見込みも立てられません。

少し補足情報を下さい。

①診断名を教えて下さい。

②周囲の方々はなぜ「猛反対」されたのでしょうか。今は賛成しているのですか?

③主治医は足の外科の専門医ですか?

④主治医は現時点で手術を勧めているでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
新しい情報をいれました
質問者: 返答済み 2 年 前.

1.変形性関節炎

2.失敗すると歩けなくなる

3.そうです

4.勿論。しかしセカンオピニオンの別の医者が足首の手術は複雑で難しいと

言われ迷ってます

質問者: 返答済み 2 年 前.

1.変形性関節炎

2.失敗すると歩けなくなる

3.そうです

4.勿論。しかしセカンオピニオンの別の医者が足首の手術は複雑で難しいと

言われ迷ってます

質問者: 返答済み 2 年 前.

1.変形性関節炎

2.失敗すると歩けなくなる

3.そうです

4.勿論。しかしセカンオピニオンの別の医者が足首の手術は複雑で難しいと

言われ迷ってます

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

主治医が足の外科の専門医で、既にセカンドオピニオンも受けておられると言うことですね。

相談者様を診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談で、その2人の医師に伍するだけの回答を行うことは困難だと思います。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

足首の周りは腫れていたい。痛さを取りたい。生活の質を上げたい。いつも鎮痛剤じゃ解決しない

知りたいことはただ一つ。手術して治るでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
確実に申し上げられることはただ一つ。
100%成功する手術はありません。

少し確率は下がるけれど恐らく確実なことが一つ。
2年前に手術を勧められていて、それをここまで引っ張り、症状が悪化したわけですから、成功率も、成功した場合の回復度も、2年前に手術を行っていた場合よりは低くなるでしょう。

「治るでしょうか」の「治る」の意味が、変形性足関節症発症以前の足首の状態に戻る、という意味であるならば、それはありません。手術が成功した場合でも人工関節にはいくつかの制限がありますし、それは相談者様が既に主治医から説明されているのではないでしょうか。

繰り返しますが、圧倒的に少ない情報量しか与えられていない我々が、相談者様を実際に診ている主治医や、セカンドオピニオンを受けた医師よりも確度の高いことを申し上げることは不可能です。

「手術して治るでしょうか」という質問の最終回答は主治医から得られるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問