JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14314
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは、2012年に半月板と靭帯を損傷し、 それから3年間手術しないでバレーボールを続けていました。先月ついに

解決済みの質問:

こんばんは、2012年に半月板と靭帯を損傷し、
それから3年間手術しないでバレーボールを続けていました。先月ついに半月板が割れて靭帯ものびてしまったので、2か月後に手術をすることになりましたが、この二ヶ月間の間普通の生活をしている間に、半月板が粉々になったりしないか気になります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
ご指名ありがとうございます。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

こんばんは、2012年にバレーボールの練習中に膝を痛め半月板と、前十字靭帯の損傷がありましたが、だましだましバレーボールを続けてきましたが、2015年4月にMRIを撮りなおしたところ、半月板が割れていて、前十字靭帯も伸びていて、手術をすることになりました。7月に手術なのですが、それまでの間に半月板が粉々になったりしないか気になります。固めのサポーターを着けて歩いていますが、うっかりぐらっと来たりします。後、2ヶ月どのようにして行動すればよいですか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

スポーツや、膝に負荷がかかる行動を控える以外には特に日常生活で注意すべき・できることはありません。

膝は荷重関節ですので、日常生活の中でも断裂は広がっていきます。
相談者様の場合、前十字靱帯(ACL)も痛められているということですから、膝関節はさらに不安定になっています。

半月板は軟部組織ですので骨のように「粉々に」なることはありませんが、断裂が進んで千切れてしまい、それが膝関節に挟まって「ロッキング」を起こすことはありえます。
http://matome.naver.jp/odai/2142521829039180001
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

膝の負担を減らすために、サポーターではなく、ニーブレイスを使用されてはどうかと思います。
http://www.e-medicalshop.jp/knee/199-0051.htm

恐らく、術後にはオーダーメイドのニーブレイスを作ることになりますから(2~3万円します)、現時点で主治医と相談されて作成され、術前から使用されるのがよいのではないかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご丁寧に教えていただきまして

ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

整形外科 についての関連する質問