JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

両足裏の前方5本指の付け根(中足骨)付近が痛く、歩きずらくなり足専門の整形外科医に行くと、モートン病と言われました。

質問者の質問

両足裏の前方5本指の付け根(中足骨)付近が痛く、歩きずらくなり足専門の整形外科医に行くと、モートン病と言われました。そして8ヶ月その間、靴の指導、足底板の着用、内服薬、神経ブロック9回しました。一時は明るい兆しはあったものの、今は当初より痛みは強く、立つことも家の中を歩くのも困難な状態です。横になっても痛みは治まりません。手術した方が良いのではと思いますが、いかがでしょうか?又手術となると、どの様な方法で行われますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

足外科の専門医に診断を受けられているのであれば、モートン病という診断には間違いはないのだと思います。
http://matome.naver.jp/odai/2140419431455118701

神経ブロック注射が行われていることからもおわかりのように、モートン病の痛みは神経圧迫による痛みです。

8ヶ月の治療後に症状がむしろ悪化しているということであれば、神経腫摘出等の手術的介入が積極的に検討されるべきです。

主治医は手術には消極的な意向なのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

先生は、手術しても必ずしも良くなるとは限らないと言い、消極的です。

しかし、我慢の限界に達しています。

神経が圧迫されているとか、神経が太くなっているとかいわれました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

モートン病とは、足裏にある神経が刺激を受けて神経腫を形成し、中足骨に挟み込まれたり、横中足靭帯に押し付けられることによって強い痛みが生じる疾患ですので、「神経が太くなっている」「神経が圧迫されている」というのは、それはその通りの説明であろうと思います。

日本ではあまり手術までは行われないのですが(少なくとも、欧米に比べて手術に至る率は低いと言われています)、手術自体は手技的に難しいものではありません。
http://www.otorisd.com/moton/shujutu.html

JustAnswerでは病院の紹介は行っていませんが、他の足外科の専門医を受診されてセカンドオピニオンを受けられてみてはと思います。

下記のサイトから、日本足の外科学会認定の専門医を検索することができます。

【日本足の外科学会認定 専門医一覧】
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問