JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

MRIの結果、内側半月板損傷の診断でした。理学療法で様子を見ていくという事になり1ヶ月がたちました。その間にも1度ロ

解決済みの質問:

MRIの結果、内側半月板損傷の診断でした。理学療法で様子を見ていくという事になり1ヶ月がたちました。その間にも1度ロッキングがありそれ以降強くはないものの膝の内側に痛みが出ることがあります。最近の診察でロッキングがあった事は伝えたもののまだ1ヶ月で筋肉がついてないから、またあったら教えてといわれたまま次の診察に行かれました。痛みがあることも伝えられませんでした。このままでいいのか少し不安です。最初に出にくくすることはできるが、出なくすることはできないといわれましたので。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

こんにちは。猫山です。
診断が付いたことは何よりでした。

今回のご質問ですが……
ご不安は理解いたしました。
今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ロッキングが起きる心配をしなくていい生活を送りたい。それが一番の願いです。そのためにはリハビリだけでいいのか、他の方法は何かあるのか教えていただきたいです。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ロッキングが起きる心配をしなくていい生活を送りたい。それが一番の願いです。そのためにはリハビリだけでいいのか、他の方法は何かあるのか教えていただきたいです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

手術治療と保存的治療(非手術治療。この場合はリハビリテーション)の選択に絶対的な基準はありません。
ある程度は診察医の主義や、患者様のご意向で変わってまいります。

実際に相談者様の半月板の状態がわかりませんので推測になりますが、診察医は、相談者様の半月板の状態を、少なくともすぐに手術を行わなければならないほどに悪いとは評価していないのだと思います。
基本的にはリハビリテーション、それでよくならなければ手術も検討、くらいの方針なのかもしれません。

ただ、保存的治療では、いついかなる時も「ロッキングが起きる心配をしなくていい生活」は達成できないでしょう。
それを治療ゴールとするならば手術が必要となります。

手術を受けられる方向で主治医と相談されてみてはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問