JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は、58歳の男性です。 右手の親指から薬指まで痺れている痛みで眠れません。 起きて手を揉んだり、振ったりすると

解決済みの質問:

私は、58歳の男性です。
右手の親指から薬指まで痺れている痛みで眠れません。
起きて手を揉んだり、振ったりすると和らぎます。
起きているときは気になるほど痺れていません。夜寝ていると痺れます。
左手も多少痺れがあります。
何が原因でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、「何が原因でしょうか? 」というご質問に直接お答えすることは困難です(下記注意事項1参照)。
可能性を挙げられるに留まることをあらかじめご了承下さい。

少し補足情報を下さい。

①右利きですか?

②ご職業を教えていただけますか? 手を使う頻度が多いお仕事でしょうか。

③左手が痺れる場所も右と同じですか?

④痺れる部位に冷感はありませんか?

⑤首を大きく回したり後ろに反らすことで手指の痺れに変化は起こりませんか?

⑥持病や常用薬があれば教えて下さい。特に、高血圧や糖尿病、高脂血症などはあおりでないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

①右利きです

②先月末までコンビニのオーナーをしていましたが今は無職です

③左手も同じですが痺れは弱いです

④首を回しても痺れに変化はありません

⑤痺れる部位に冷感はありません

⑥持病は花粉症でアレグラを服用しています

1年ほど前に右手首を痛めた時に手根幹症候群と診断され、できるだけ右手を使わずに安静にするように言われ特に何もせずに手首の痛みはなくなりましたが、小指を除く指に軽い痺れの違和感を感じるようになりました。

特に最近は、孫を抱くことが多いのでそのせいかとも思っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様が呈されているのは典型的な手根管症候群の症状です。
過去にその既往がおありなのであれば、今回もまたその症状が現れている可能性が高いと考えます。
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

両手に同様の症状があるのであれば、頚椎のトラブルである可能性も否定できませんが、ここまでの情報からは手そのものの問題である可能性が高いでしょう。

慢性化しているようですし、一度、手の外科の専門医を受診されてはと思います。

手は、非常に繊細は構造と機能を有しているために、整形外科の中でも専門性が高い領域です。
下記のサイトから、日本手の外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本手の外科学会 専門医一覧】
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問