JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近夜寝返りするときや、正座から立つとき等ひざのまげ伸ばしの動作のときにひざがガクッと音がしてひざの関節がはずれる?

解決済みの質問:

最近夜寝返りするときや、正座から立つとき等ひざのまげ伸ばしの動作のときにひざがガクッと音がしてひざの関節がはずれる?ようになり、足をまっすぐに伸ばすと
またガクッと音がして痛みもありますがよくなります。整形外科でレントゲンやMRIの検査もしましたが
特に異常はないといわれ1週間に一度注射したり、整骨院で整体等してますが、あまり効果はなく、整形外科の先生はもっと詳しく入院による骨のなかのカメラによる検査が勧められたますが、いたそうで不安です。原因と何かほかによい治療はないでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

「ひざのまげ伸ばしの動作のときにひざがガクッと音がしてひざの関節がはずれる?ように」なるのは、「膝崩れ」と呼ばれる症状です。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

MRI検査を行った整形外科では、膝の靱帯や半月板損傷の可能性については指摘されませんでしたか?
理学療法士の指導によるリハビリテーションは勧められなかったのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

半月板の損傷は見られないが、靭帯を調べるには入院検査でカメラによる検査が必要と言われました。リハビリは勧められませんでしたので、いまは整骨院にかよっています。最近はひざがガクッとなったあと、伸ばすときかなり痛いです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
整骨院ではどのような施術を受けられているのですか?

「入院検査でカメラによる検査」を受けられることは、何らかの事情で難しいのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

整骨院では一般的なゆがみを直す矯正整体で特に私の症状にあわせたものではありません。

入院による検査は痛みがあるのではないか?という不安です。

もっと良い治療があるのではないかという思いで、痛みが耐えられなくなったときはしょうがないのでその時は受けようとは思ってますが、

質問者: 返答済み 2 年 前.

整骨院ではわたしの症状に合わせたものではなく一般的な体の歪みの矯正整体です、入院検査は痛みを伴うのではないかという不安からです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

膝崩れの原因が何であるにせよ、それを治そうと思うならば、膝関節を安定されるための筋力トレーニングを中心としたリハビリテーションを受けられる必要があります。

靱帯損傷があるならば再建手術を行う必要がある場合もありますが、多くのケースでは相談者様のご年齢であれば、ご本人の希望次第で、手術をせずに、リハビリテーションで膝を安定させるアプローチも選択可能です。

「入院しての検査」とは、関節鏡下検査のことだと思われます。
膝回りに2箇所の穴を空け、3cm程度の切り口から関節鏡(原理的には胃カメラと同じものです)を挿入し、膝関節の内部を見る検査です。

全身麻酔で行われますので、術中の痛みはありません。
術後痛も、一般的な鎮痛剤の内服や、坐薬の使用でコントロールできるレベルです。
入院といっても2~3日でしょうし(日帰りで検査する施設もあります)、検査後数日で歩行には問題が無くなります。

手術をされるつもりが無いのであれば関節鏡下検査を受けられる必要は必ずしもありませんが、現時点で筋力トレーニングを中心としたリハビリテーションは受けられるべきです。

膝崩れが頻発すると、そのことによって膝関節の軟骨や半月板、靱帯が損傷され、最終的には大手術を受けなければならなくなってしまう可能性が大です。
その場合の痛みは関節鏡下手術の比ではありません。

リハビリテーション科を併設した整形外科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問