JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になっております。神奈川在住田島と申します。 右肩の五十肩(高く伸ばせないのみ)で昨年末から週2~3回程度の

解決済みの質問:

お世話になっております。神奈川在住田島と申します。
右肩の五十肩(高く伸ばせないのみ)で昨年末から週2~3回程度のリハビリを受けてあと10度くらい上がればってところまで頑張っておりますが、2週間ほど前まら内側に動かす動作(風呂で左肩を洗うとか)が激痛で出来なくなってしまいました。
同時に安静時でも常に鈍痛があります。
(ちなみに、4年くらい前にベンチプレス時2カ所鍵盤断裂をして治療。リハ無)
主治医にオスペイン200mgを処方してもらいましたが、変化無し。
風呂やカイロで温めてみると、かえって鈍痛が激しくなります。
五十肩ではない他の病気なのでしょうか?もしその可能性があるとしたら、どんな検査をすればよいのかお教え下さい。
当方のメールアドレスは
*****@******.***
です。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

①「五十肩(高く伸ばせないのみ)」とのことですが、左手で支えれば、もしくは誰かに支えてもらえば、右腕は真上に伸ばせるでしょうか?

②今回、診断のためにMRI検査は行われたでしょうか。腱板損傷の再発の可能性は検討されましたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
☆★☆我々専門家が受け取る報酬は、相談者様が支払われている質問料金の50%です。ご参考まで。☆★☆
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山様

ご対応有難うございます。

①右腕は自力で上がります。ただ、左腕のMAXにはあと10~20度未達。

②MRIもレントゲンもとりました。異常無しとのこと。

リハをはじめてからはじめて痛みだした部位があることに違和感を感じているので、治療法があってないのか、それとも他の病を疑って他の検査を受けたほうがいいか迷ってるので、セカンドオピニオンを頂戴いたしたく。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肩関節の拘縮が無い(腕が水平以上に上がる)のであれば五十肩は否定的だと考えます。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/1150gata.htm
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが(よって本来の意味でのセカンドオピニオンはここでは得られないとご理解下さい)、ご記載を拝読する限り、むしろ典型的な腱板損傷の病像を呈しているように思います。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/091102000.html

他の肩関節専門外来がある整形外科医療機関でセカンドオピニオンを受けられてはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

免責事項:質 問や回答、その他投稿 (「投稿」) に含まれる情報は、個々のユーザーから提供されたものであり、JustAnswer が提供するものではありません。JustAnswer は投稿に関して一切の責任を負わないものとします。投稿は一般的な情報提供を目的としており、専門家の知識に基づくアドバイス (医療、法律、獣医学、金融など) の代用として使用すること、ならびに専門家とクライアントの関係を成立させることを目的としたものではありません。本サイトおよびサービスは、専門家の資 格に関する保証または表明を行うことなく「現状有姿」で提供されます。第三者認証機関により認証された資格を確認するには、専門家のプロフィールに掲載さ れている「Verified」ロゴをクリックしてください。本サイトは緊急時の使用を意図したものではありません。緊急時には資格を持った専門家に電話ま たは対面にて直接問い合わせてください。 利用規約をよくお読みください。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

肩関節の拘縮が無い(腕が水平以上に上がる)のであれば五十肩は否定的だと考えます。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/1150gata.htm
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが(よって本来の意味でのセカンドオピニオンはここでは得られないとご理解下さい)、ご記載を拝読する限り、むしろ典型的な腱板損傷の病像を呈しているように思います。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/091102000.html

他の肩関節専門外来がある整形外科医療機関でセカンドオピニオンを受けられてはと思います。
例:http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/shinryou/shinryou/11-seikeigeka.htmlhttp://www.kanariha-hp.kanagawa-rehab.or.jp/introduction-medical-department/medical-department1http://www.kitasato-u.ac.jp/kmc-hp/section/div-sinryou/seikeige/shoulder.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問