JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue-sky777に今すぐ質問する
blue-sky777
blue-sky777, 総合医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 129
経験:  総合医として医療に従事しています。
76958870
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
blue-sky777がオンラインで質問受付中

はじめまして。 昨年1月に脛骨遠位端をねじり骨折しまして、チタンロッキングプレートとボルト16本で固定し、今は10

解決済みの質問:

はじめまして。
昨年1月に脛骨遠位端をねじり骨折しまして、チタンロッキングプレートとボルト16本で固定し、今は100%骨癒合しています。
ちょうど1年が経ち、抜釘の時期にきています。
抜釘の危険性について主治医に色々質問したのですが、他の医師にもお聞きしたく思います。
16本のボルトを抜くわけですが、抜けないボルトがあればそこで中止するしかないと聞きました。
ボルトが抜けない原因として、ネジ頭が壊れて抜けなくなると聞きました。
チタンのボルトのネジ頭が壊れることなんてあるのでしょうか?
ネジ回しの金属の方が柔らかくて弱いと思うので、チタンの方のネジ頭をなめるというのが理解出来ません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  blue-sky777 返答済み 2 年 前.
抜釘の際、骨がねじ頭に入り込んでいたり、強固にねじが固着しているような場合は、ねじ頭をなめてしまうことがあります。しかし、術後一年ということを考えますと、その可能性は低いと思います。
抜釘をしないことの問題点は、プレートが入ったまま骨折をすると、プレートがない部分で骨折し、治療が困難になる可能性があるということがあります。
ご検討ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございます。

チタンでもねじ頭をなめてしまうことがあるということですね?

脛からくるぶしまでプレートをボルトで固定しているのですが、もし、最後の2,3本のところでねじ頭をなめてしまい除去できなくなったという場合は、そのままボルト2、3本とプレートを残したままになるのでしょうか?その状態ではプレートがプラプラと浮いている状態ですよね?今はやはりプレートがあるためか歩行すると痛みが出ます。それで除去したいのですが、最悪の場合、ボルト数本とプレートを残したまま縫合することになるのでしょうか?相当なリスクだと思うのですが・・・。非常に迷っています。お返事お待ちしております。

専門家:  blue-sky777 返答済み 2 年 前.
どうしてもボルトが残ってしまってプレートが除去できない場合には、プレートを残すことになりますが、その際は一度抜いたボルトをやむを得ずしなおすことになります。
しかし、術後間もないことを考えると、ボルトやプレートが除去できないリスクは低いと思われます。
blue-sky777をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問