JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めてお伺いいたします。先日整形外科医から、MRIを見て右足の半月板損傷で手術するよう言われました。現在65歳です。

解決済みの質問:

初めてお伺いいたします。先日整形外科医から、MRIを見て右足の半月板損傷で手術するよう言われました。現在65歳です。時折痛みはありましたが、つい1週間前まで普通に剣道していました。剣道を続けてたいと思いますが可能でしょうか。ご教示ください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

「剣道を続けてたいと思いますが可能でしょうか」とのご質問ですが、これは、手術を受けられた後も剣道を続けられるか、という意味でしょうか?

また、「剣道を続ける」とは、どれくらいの強度、頻度、レベル(試合に出る・出ない)で続けることを意味するか教えていただけますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

早々のご回答ありがとうございます。剣道はご承知の通り右足で強く踏み込みます。年齢から言って試合には出ません。続ける程度は、頻度は1週間に1回程度。大人同士です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結論から申し上げれば剣道を続けることは可能だと思います。

昨今のスポーツ整形医学は、競技復帰を前提に治療が行われます。
「メスを入れたら選手生命は終わり」ということは最早ありません。

半月板損傷の場合、現在では患部を切開することなく、関節鏡を用いて半月板の縫合または切除が行われます(小切開1箇所+穴2箇所のみが必要です)。
入院期間は数日程度で、その後リハビリテーションを行い、通常3ヶ月以内には競技復帰が可能です。

相談者様のご年齢を考慮しての情報リクエストでしたが、大会レベルでの復帰ではないようですし、現在と同レベルで競技を続行することは十分に可能です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問