JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

ocean-skyに今すぐ質問する

ocean-sky
ocean-sky, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 178
経験:  日本体育協会公認スポーツドクター、救急医
75715664
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

左膝の内側の靭帯部に石灰沈着が認められたため手術をすすめられ、その当日外側からメスを入れ受けました。今日で術後5日め

質問者の質問

左膝の内側の靭帯部に石灰沈着が認められたため手術をすすめられ、その当日外側からメスを入れ受けました。今日で術後5日めです。膝の初期症状は膝の内側が1年間ほど前からふくれていましたが無症状でした。そのうちに痛みが出てきて激痛でした。最初は半月板損傷との診断で明日にでもすぐに手術を!とすすめられましたが決断できず延ばしました。手術を受ける予定がたっていましたが、水を抜き1回のヒアルロン酸注射にて1週間後の手術予定日には症状は7割ほど軽快し膝内側の痛みもほとんどとれていました。その時に内側靭帯部に石灰沈着があると新たに指摘され直ちに手術をすすめられました。半月板損傷(断裂の疑い)と石灰沈着の両方の手術を内視鏡によりすると言われました。しかし、半月板の部分切除でも変形性膝関炎等になることがあるとのことでしたし、たった1回のヒアルロン酸でも大分よくなったので、その手術は当日に断りました。医師はしつこく手術をすすめていました。半月板損傷に関してネットで大分調べて手術は最後の最後の手段だとしるしてありましたが、主治医は最初の受診当日から最後まで手術、手術とこだわっていました。後でわかった石灰沈着に関しては異物であり部分麻酔でとれると簡単に言われたのですぐに承諾しました。しかし、これが失敗でした。半月板損傷と診断されたときのように時間をとって自分なりによく調べてから受ければよかったと後悔しましたが、すでに遅し。今になって調べると半月板損傷の症状と石灰沈着の症状はよく似ていました。ただ膝の内側の腫れと限局した激痛は最初から不思議でした。私の場合石灰沈着だったのだと思いました。また、その手術も急いで無理にやらなくてもよいものだったともわかりました。実際の手術は激痛でした。術後も激痛で、鎮痛剤も効きませんでした。靭帯は縦に切ったから大丈夫と言われましたが本当に靭帯への後遺症はないのでしょうか?今も1日4回鎮痛剤を服用しています。石灰沈着の手術はその手術自体により筋肉などを傷めるので回復に時間がかかるそうですね?どのくらいかかるのでしょうか?また膝全体への後遺症はないのでしょうか?立ち仕事です。影響はないのでしょうか?長く休むと仕事に復帰できなくなるかもしれません。無知なばかりに今急いで無理にやらなくてもよい手術に高いお金をかけ痛みに苦しみ、日常生活にも支障をきたし・・・本当に残念無念です。主治医には腹立たしい思いでいっぱいです。様子をみるという判断はできないのでしょうか・・・どうしてすぐに手術!手術!となるのでしょうか・・・。医師の選択を誤るとこういうことになるのですね。もう一軒違う医師にも判断を仰げばよかったとも・・・本当に後悔です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
もう少しご質問者様の様子を詳しく教えてください。
左の内側の靭帯部に石灰沈着ということですが、(そのレントゲン写真を拝見できるといいのですが)
①部分麻酔で皮膚の切開はどの程度(何センチぐらいですか?)で、
②どのくらいの大きさの石灰沈着があったのでしょうか?
③部分麻酔は、膝の周りのみの麻酔でしたか?
④半月板の内視鏡手術も勧められたということですが、半月板に石灰沈着ではなかった、ということでいいのでしょうか?
⑤今現在の膝の様子はいかがですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。返信を待っていました。①横に6~7cmです。②手元にあるレントゲンの画像をプリントアウトしたもので計ると、実際の画像の1.5倍の画像で縦に3.5~4cmですから、実際は2.5~3cmくらいでしょうか。横幅は一番広い部分で1cmくらい(実際)です。1つのかたまりではなく3つに分かれたものが写っています。その全体の大きさを計りました。大たい骨下部内側から数ミリ離れた所に写っています。靭帯部分ですね。③麻酔は膝の周りのみです。(上肢伝達麻酔、局所麻酔と手術説明書に記してあります)④ありません。医師からも全く指摘されませんでした。(2軒の医師にレントゲンを受けましたが両方とも指摘されませんでした)⑤現在、痛みは安静時立位歩行時はありません。局部を押さえるとあります。時々何かの加減で局部の自発痛があります。膝の屈曲時にも痛みがあります。局部とは大たい骨内側の一番出っ張ったところでそこに痛みがあります。最初から同じ部位です。鎮痛剤(トラムセット)と抗生物質(サワシリン)、胃の保護剤(レバミピド)を1日に3~4回服用しています。術後は痛みのため全く眠れなかったので精神安定剤(エチゾラム)を処方されました。鎮痛剤をコンスタントに服用しているためか痛みは先の通りです。まだ膝全体が腫れています。可動域は伸展はできますが、屈曲は70度ほどしかできません。術後は微妙な屈曲でも激痛があったので3日間ほどシーネを当てていました。⑥その他:左ひざ内側の激痛(皮膚に触れただけでも激痛、また特に屈曲時激痛)、膝全体の腫れ、可動域制限(屈伸とも)、水腫、微熱、痛みのため歩行困難が主症状で1軒めの医者を受診しました。そこではレントゲンだけを撮りました。(MRIの設備がなかった) 処置として水を抜き(透明な黄色。量は注射器に1cm×5cmほどの内容量でした。)アルツ関節注2.5㎎ 1管受けました。医師からは「腫れているのは水腫のため、抜いて注射したので1週間様子をみましょう。膝内側の腫れと痛みは1週間後の様子でまた考えます。」でした。この医師からはアルツを打つ事前説明もなく(アルツを打たれたとわかったのは診療明細書を見てです。何の注射だったのか自分で調べました。)病名やレントゲン(局部の状態)の説明も一切ありませんでした。病名は後から看護師にこちらから聞き、内側側副靭帯損傷、変形性膝関節症とメモに記されたものをもらいました。鎮痛剤(ロキソプロフェイン)を処方されました。しかし、態度が大変横柄な医師でありコミニュケーションもまともにとれない、MRIによる診断もなかったので、医師を変えることにしました。アルツ注の効果はあり、翌日には腫れはありましたが痛みは半分ほどとれました。そしてそのまた翌日に2軒めの病院へ行き1通目のメールに記した経緯をたどったのです。MRIとレントゲンを撮りました。医師の診断は左半月板断裂(内側)でした。「多分部分断裂した部分がヒラヒラし他の組織に影響があるのだろう」でした。⑦返信メールに肝心の靭帯部石灰沈着切除による周囲組織、膝全体への今後の影響が記されていませんが・・・。⑧レントゲン、MRI、CT画像のプリントアウトしたものがあります。

専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
先日のこちらからの質問は、もう少し情報をいただきたかったからで、回答ではありません。
あしからず。
さて、ご質問者様の状態ですが、
>痛みは安静時立位歩行時はありません。局部を押さえるとあります。時々何かの加減で局部の自発痛があります。膝の屈曲時にも痛みがあります。
→とのことですが、膝の屈曲時の激痛は、術後緩和されているのでしょうか?
>⑦肝心の靭帯部石灰沈着切除による周囲組織、膝全体への今後の影響、、、
→靭帯部の石灰沈着切除後、靭帯部の修復に時間がかかりますが、通常ですと2ー3週間で靭帯は戻ります。
同様に、切開された皮膚組織も同様に回復します。
皮膚切開の術後、個人の体質によって瘢痕を形成する場合があります。
その際、皮膚がひきつれた感じになるかもしれませんが、ご質問者様が瘢痕形成するとは限りません。
あくまで可能性の話です。
術後の理学療法、リハビリについては何か説明はありましたか?
今回、ご質問者様が受けた処置は、膝関節内の手術ではありませんので、膝関節自体は何もされていないので、
今回の処置による影響はないですが、膝の内側の靭帯部に切開が入っていますので、できるならばリハビリを開始されることをお勧めいたします。膝の屈伸運動の動きを良くするためです。
ご質問者様には膝の半月板損傷もおありだということですので、
今回の靭帯の切開除去術後のリハビリに加え、半月板損傷のリハビリをなさることをおすすめいたします。
膝の動きが良くない原因は半月板損傷にある可能性も高いので。
参考までに、日本整形外科学会の認定スポーツ医の名簿をご紹介いたします。
お近くの医療機関をお探しいただけるかと思います。
名簿にある得意分野「膝」の医師をお訪ねください。リハビリ施設が併設している医療機関が望ましいです。
https://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html
(クリックしてサイトに移動しない場合は、URLをコピーアンドペーストしてお使いください。)
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。

<ご質問に対して>

〇現在屈曲時の痛みはありますが、術後ほどの激痛ではありません。緩和しています。鎮痛剤は継続して服用していますが。

〇「リハビリはこれから始める」と、医師より話がありました。認定スポーツ医を紹介していただきありがとうございました。様子をみて紹介していただいたスポーツ医を受診したいと思います。

<質問>

①術後の靭帯部の戻り(修復)には2~3週間かかるとのことですが、それまで職場復帰は無理でしょうか?仕事は6時間立ちっぱなしで、1日に2~3回5~20㎏の荷物を持ち運びます。

②1回めのメールの質問はどのような意図で質問されたのでしょうか?こちらからの返答は適格でしたか?

③石灰沈着の大きさによっては最初から手術という判断もありなのでしょうか?薬物療法により様子観察し経過をみるのではなく、最初から手術をする、という判断はどのような場合でしょうか?

④手術による膝関節への影響はないとのことで少し安心しました。ただ、無理な掻把や摘出をされていないか、それにより何らかの機能障害を残すことはないのか心配です。現在よりも齢を重ねた将来的に。心配しすぎでしょうか?

(術直後医師より5~8mmの肉塊を10~15個ほど取ったものを見せられました。「こんなに取って大丈夫なのか?」と質問したら「取らなければどうしようもないでしょう。」との返答でした。)

専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
返答ありがとうございます。
①術後の靭帯部の戻り(修復)には2~3週間かかるとのことですが、それまで職場復帰は無理でしょうか?
→長時間の立ち仕事だということですが、基本的に術後の痛みとの相談です。
近くに丸椅子などをおいてこまめに座ることができるようで、荷物を運ぶ際には押し車を使うようなことができるようでしたら、職場復帰は可能かと思います。
全く座ることができないということで、立ち続けることで痛みが我慢できない場合は、職場復帰はまだ勧められません。少なくとも今週いっぱいは様子をみられた方が良いかと思います。
②1回めのメールの質問はどのような意図で質問されたのでしょうか?こちらからの返答は適格でしたか?
→実際に診察させていただいていないので、できるだけ情報が必要だからです。
実際の診察ですと目で見て確認できることも、このような質問形式ですときちんとお聞きする必要があります。
ご質問者様からの返答はとても詳しく、ご質問者様の様子がよく分かりました。
③石灰沈着の大きさによっては最初から手術という判断もありなのでしょうか?
薬物療法により様子観察し経過をみるのではなく、最初から手術をする、という判断はどのような場合でしょうか?
→いわゆる来院時に激痛で歩行困難を来たしているような場合、明らかに石灰沈着が原因だと考えられる場合は、来院時に処置することは十分に考えられます。
痛みの緩和を目的として薬物療法の効果よりも石灰除去手術の方が効果的だと判断できる状況だったのではないか、と思われます。
④手術による膝関節への影響はないとのことで少し安心しました。ただ、無理な掻把や摘出をされていないか、それにより何らかの機能障害を残すことはないのか心配です。現在よりも齢を重ねた将来的に。心配しすぎでしょうか?
→靭帯の上に石灰沈着していたものを除去したのみである、ということであれば、靭帯自体は修復しますので、
リハビリの様子とともに膝の動きも良くなるかと思います。
膝関節内に半月板損傷がおありだということですので、将来的にはそちらが原因になり膝に痛みをきたす可能性は否定できません。ですので、今回の処置後のリハビリのみでなく、半月板損傷に対してのリハビリも行うことをお勧めいたします。
(術直後医師より5~8mmの肉塊を10~15個ほど取ったものを見せられました。「こんなに取って大丈夫なのか?」と質問したら「取らなければどうしようもないでしょう。」との返答でした。)
→主治医の言い方をもう少し分かりやすく言いかえると、
「痛みを起こしている原因が石灰なのだから、痛みを取るためには石灰を取らなければ痛みがなくなりませんよ」ということですね。
ocean-sky, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 178
経験: 日本体育協会公認スポーツドクター、救急医
ocean-skyをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信が遅くなり申し訳ありません。

昨日、術後11日目で抜糸しリハビリを始めました。大変ご心配していただいている半月板損傷に対するリハビリの件も伝えました。

ただ・・・昨日抜糸後、術後初めて水(性状は血液でした)を抜きステロイドを関節注しました。結果、昨日まであった膝内側の大たい骨の出っ張った部位=石灰沈着していた部位=手術部位の自発痛は今朝にはずいぶんとれました。しかし、膝全体の腫れがこれまででは最高です。発症時は膝内側の腫れは目立ったものの、全体的な腫れは両膝を比べると腫れている程度で、アルツ関節注を受け10日後の手術予定日(先に記した日です)には局部はもちろん膝全体の腫れも発症時よりも引いていました。先に記したように痛みも7割かたとれて」いました。

術後12日目の現在、膝の皿(膝蓋骨?)といわれる部分もはっきりわからないくらいです。膝から下の下肢も少し腫れています。今の時期はこんなに腫れるもなのでしょうか?アルツ注を受けた時のように1週間ほどしたらひいていくのでしょうか?

痛みが起こらない膝の屈曲を正確に測定してもらったら50度でした。

心配ごとが次々に出てきます。もう返答はいただけないかもしれませんが・・・

こちらからのメールの期限がこれで最後でしたら、本当にありがとうございました。毎回誠実に返答していただき本当に感謝しております。

専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
ご報告ありがとうございます。
リハビリを開始されたのですね。
徐々に膝を動かすことでリバウンドのように数日、もしくは1週間程度は腫れは出るかと思います。
ですので、リハビリの後、熱感があるようでしたらアイシングを(冷やして)してください。
アイスノンや、氷嚢で10分ほど患部を冷やしてください。
その腫れは徐々に引いていくはずです。
膝から下の下肢が腫れるのは重力によって膝部分の腫れが下に降りていったからですので特に心配ありません。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    112
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2792
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    309
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問