JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ocean-skyに今すぐ質問する
ocean-sky
ocean-sky, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 178
経験:  日本体育協会公認スポーツドクター、救急医
75715664
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

49歳の女性です。先天性の股関節脱臼で、これまで両足共に3度手術しました。年齢と共に、筋力も落ちてきて、跛行も増し、

解決済みの質問:

49歳の女性です。先天性の股関節脱臼で、これまで両足共に3度手術しました。年齢と共に、筋力も落ちてきて、跛行も増し、首、腰、膝も痛むことが増えてきました。特に、より状態の悪い右足は、片足で立つことも困難な筋力で、それでも歩くために長年膝に無理をかけてきたため、ここ数年で特に、右膝の変形と痛みが進み、サポーターも徐々に頑丈なものにしてきたものの、ここ数ヵ月は毎週のように水を抜いて痛み止の注射をしてもらって、今は、杖もついています。
主治医は、もう40年近くになり、手術もしてもらってるので、全身状態もよく把握していただいてます。人工関節は、60歳を目処にと言われ、私も、まだ、入れたくありません。
フルタイムの仕事をしており、現在管理職なので、何とかあと5年くらいは今の生活を続けたいと思っています。でも、毎日の痛みに、それをこらえて仕事をするストレスで、心も疲れてしまいそうで困ってます。夫や子供のサポートもあるので、何とか過ごしている状況です。
この痛みを少しでも抑える方法はないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
ここ数ヶ月は毎週水を抜いて痛み止めの注射、杖をお使いだということですが、
(最近のレントゲン写真を拝見できればよいのですが、)
ご質問者様のおっしゃる通り、人工関節はあと5年くらいは避けたいところです。
主治医と長年来の付き合いということですので、ご質問者様の状態をよくご存知のことと思います。
しかしながら、痛みに耐えながらの毎日を過ごすことは容易なことではありません。
セカンドオピニオンを仰ぐことはお考えになったことはありますか?
膝の専門医に、実際にご質問者様の膝を触り診察していただき、今後の治療方針を相談なさるのはいかがでしょうか?
以下に日本整形外科学会認定スポーツ専門医の名簿をご紹介いたします。
https://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html
(クリックしてサイトに移動しない場合は、URLをコピーアンドペーストしてお使いください)
お近くの医療機関を検索なさって、医師の得意分野が「膝」となっている医師を訪ねていただければよいかとおもいます。
また、お住まいの地域にもよりますが、「人工関節センター」が全国各所で立ち上がりつつありますので、
インターネットで検索されてもよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

やはりそうですよね。

ありがとうございました。

専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
ホメオパシーや、漢方などの代替医療をお考えでしたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

いえ。画期的な事が、もしかしたらあれば😌という淡い期待です。気長に、ストレッチを合わせでこれ以上の悪化を防いで、対処療法で、頑張るしかないんでしょうね。

すべてが股関節から来ていることは分かってるので、諦めも半分あるんですけどね。

それでも、こうしたサイトがあると、期待してしまうんです。何とか、日常生活を杖無しで送れる事が、望みなんですが。

専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
ご質問者様もご承知の通り、股関節が元の根源だと考えられます。
ですので、一番大事なことは、例えば今現在の膝のみのアプローチでは不十分なのです。
膝だけ治しても、腰や、足首に負担がかかってくる可能性を否めません。
股関節周りのストレッチのみならず、足首、足指のストレッチ、非常に有効です。
腰回りが軽くなるのをすぐ実感していただけます。
また、肩回り、特に肩甲骨周りが硬くなってしまい、それが腰痛の原因となることが多々あります。
その逆もあり得ます。
首回りのストレッチをする前に、肩甲骨周り、肩甲骨の動きをチェックしていただきたいのですが、
スポーツ整骨院で、特に野球の投手をよく診ている理学療法士、たまはスポーツトレーナー、もしくはヨガのインストラクターあたりが全身のアプローチには精通しております。
ただ、フルタイムでお仕事をされておられるということですから、まずご自身でできることから、、、。
「リフレクソロジー」で検索されて、ご自身でできる足首、足指、足裏のほぐし方を調べることができます。
いろんなサイトがありますが、ご自身のやりやすい方法でお風呂上がりに足裏、足指をほぐしてみてください。
びっくりするほど足裏がカチカチなことに気付かれるかと思います。
ocean-skyをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。


 

整形外科 についての関連する質問