JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

登山中特に下山が長くなると手や足先が痺れそのまま続けていると麻痺してしまいます。まずは座ってポカリスエットをがぶ飲み

解決済みの質問:

登山中特に下山が長くなると手や足先が痺れそのまま続けていると麻痺してしまいます。まずは座ってポカリスエットをがぶ飲みするのですが゛そうするとほどなくして回復します。それほど大変な行程でもない山で呼吸も別に苦しい訳でもないのになります。ポカリは甘くて胃が悪くなります。日ごろ特にこれと言った鍛え方はしていないのですが登山歴は40年位あります。登山することが運動と考えていて。ちなみに年齢は64歳です。やはり歳でしょうか。一緒に行ってくれる友達に迷惑かけてしまっているので申し訳なくて仕方ありません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し捕捉情報を下さい。

①手足の痺れが起こるのは下山時だけですか? 登山時、また、平素の生活では痺れは起こらないのでしょうか。「歳」のせいであるならば、他の状況でも同じ症状が起こりそうに思いますが。

②首や肩のコリはないでしょうか。

③登山には疎いので教えていただきたいのですが、登山時も下山時も、顔は常に下(足元)を見ているものですか?

④持病や常用薬があれば教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

下山時だけです。平素は起こりませんが真夏に植木を一日切っていたとき夕方ひどい痺れが来てポカリをがぶ飲みして30分位したら回復しました。熱中症かと思いました。山の痺れもその時のなり始めと同じなんです。なので少しでもしびれ感があったら早めに対処しないとすごく危険なことになってしまうんです。首や肩のこりの自覚症状はありません。登山中はだいたい足元を見ています。下山時に3から4時間位急な下りが続くとなります。ときどき10分位の休みは取っているのですが。高血圧の薬を夜1粒飲んでいます。血圧は朝計測して120から128くらいと78から83位です。よろしくお願いします。痺れだけで意識ははっきりあります。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

当初、頸椎のトラブルによる四肢の脱力の可能性を念頭においていましたが、今回のご返信内容を拝読するかぎりはその特徴は満たさないようです。

むしろ、低カリウム血症に基づくミオパシーのような印象を受けます。
http://mineral.e840.net/m181200.html
http://kango.919.co.jp/word/低カリウム性ミオパシー/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

服用されている高血圧のお薬の名前と、1日量を教えていただけますか?
そのお薬はいつ頃から服用されているでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

有難うございます。血圧のお薬はヒポカ。一日1カプセル夕食後に飲んでいます。もう15年飲んでいます。遺伝性の高血圧と言われています。毎年健診はしています。少し肥ってます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ヒポカは、相談者様の痺れや麻痺とは関係が無さそうです。

真夏の暑い中での作業、登山の後半に症状が現れ、水分・電解質の補給によって改善しますので、カリウムを含む電解質のバランスの崩れによる筋力低下である可能性である可能性は高いと考えます。

加齢現象では説明がつかず、また整形外科的な問題でも、脳の問題でもないと思われます。

実際に受診をされても診断に難渋するケースだとは思いますが、規模の大きな総合病院の内分泌内科を受診されて症状を話されて診療・検査を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問