JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

半年前に長時間の正座後、完全にしびれて感覚がない状態で歩行しようとして転倒。転倒した瞬間「ボキッ」と音がするほど。鋭

解決済みの質問:

半年前に長時間の正座後、完全にしびれて感覚がない状態で歩行しようとして転倒。転倒した瞬間「ボキッ」と音がするほど。鋭い痛みと腫れがあったものの、本人捻挫と疑わず、1日半腫れた部分に冷湿布をして仕事にも行く。2日後に専門医を受診し、レントゲン検査後は「剥離骨折」と診断され、特に処置なし。強い痛みに耐えられず翌日は別の専門医を受診。同じく「剥離骨折」と診断され、腫れ、内出血がひどいため簡易ギブスで固定し、松葉杖使用し、1週間後再受信時に「剥離骨折」ではなく右足中指、薬指の付け根辺りにヒビが見つかる。仕事も1か月休職して治療。転倒した状況が本人もよく理解できていないが、靭帯もかなり傷んでいるので回復には時間を要すると診断され、現在にいたる。松葉杖が取れ、補助具で歩行できるようになってほどなく、右足の股関節と腰に強い痛みが出る。5分も歩くと痛みでそれ以上歩行できず、就寝の際は疼痛でなかなか寝付けない。現在テルネリン錠を朝晩、ロキソニンテープ100mgを3~5か所使用。40年前に右股関節を痛めた記憶あり。その際専門医受診なし。今回の骨折以前から台所仕事など長時間の立ち仕事では、疼痛と腰痛あり。担当医には軟骨が何らかの原因で折れ曲がり痛みが出る。治療法はありますか?疼痛と鉛が付いているような足のだるさは取れるようになりますか?腰痛がひどいときは腰が痛くてまっすぐに立てません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
整形外科は、体の部位ごとに専門医制度が制定されるほど専門分化が進んでいる診療科です。
ご質問文中で相談者様は「専門医」という言葉を多用されていますが、それは「足の外科の専門医」という意味ですか? それとも単に「整形外科医」を意味されているのでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

「整形外科医」です。最初に開業医の先生、次に病院の整形外科の先生。病院の先生は、初診時の先生は転勤され、2回目以降から現在までは同じ先生です。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

現在、相談者様は腰痛、股関節痛、そして足の骨折後の「疼痛と鉛が付いているようなだるさ」をお持ちです。

ご質問はどの部位に関するものでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

股関節痛と、それに伴う腰痛は治りますか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
診断あっての予後予測ですから、相談者様の股関節痛と腰痛が治るかどうかはここでは判じかねます。

主治医はどのような見解でしょうか?

専門医にセカンドオピニオンを求められるご意向はありますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

本日予約で受診し、今の股関節と腰の痛みについてレントゲン撮影(今回初めて)をして詳しく診ていただきました。骨には取り立てて異常らしきものはなく、股関節より腰の痛みを軽減する体操と、内服薬を1ヶ月分投与していただき、様子をみることになりました。

今まで登山をしたりウォーキングが出来たのに、旅行に出かけても思うように見て回ったりすることが出来ず、しかも股関節、腰の痛みのために同伴者に迷惑をかける始末に、近い将来「車椅子生活」になってしまうのではと大変不安になりましたが、しばらく今の先生の教えを守って様子をみてみます。

それでも痛みが続く時にはまたご相談いたします。

ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問