JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

O脚で左右の半月板に線状の亀裂が入っております。特に右半月板が深いのですが、右ひざの内側に最近痛みが続いております。

解決済みの質問:

O脚で左右の半月板に線状の亀裂が入っております。特に右半月板が深いのですが、右ひざの内側に最近痛みが続いております。
痛みが出るケースは、右の足先を外側に向けた時や 普段の歩行で時々、鈍い痛みがキツンと来る感じです。以前はつま先を外に向けた歩き方で痛みが強かったので 今は足先を真っ直ぐ平行を意識して歩いて痛みをが軽減してきました。
バレエをやっていて股関節の外旋をするなかで、間違って膝下だけ外旋させて膝の内側に負担が来てたのが影響していたのかもしれません。 半月板亀裂からの痛みと鵞足炎が併発している気がするのですが 可能性は有りますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

鵞足炎でも痛みが生じる箇所は膝の内側から膝下にかけてですし、痛みが増強する状況も、膝の伸展時、階段の昇降時などですので、臨床症状から半月板損傷との鑑別を行うことは不可能です。
ただ、ご記載いただいている相談者様の下肢の動かし方から判断する限りでは、鵞足炎を起こされている可能性は否定できないと考えます。
http://zi-gen.com/pes-anserinus-tendonitis-cause-1441
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

鵞足炎に対して有効なストレッチは、ハムストリングスのストレッチです。
こちらで紹介されているようなストレッチは鵞足炎に有効です。
https://www.youtube.com/watch?v=IJBLFH96Zi8

一方で、半月板損傷に有効なストレッチはありません。
保存的治療としては相談者様が現在行われている内容がベストでしょう。
競技としてのバレーを続けられるご意向ならば、手術も検討されるべきかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

恐れ入ります!競技としてのバレーでは無く、続けているのはクラシックバレエなのです。股関節の外旋が多いのですが(間違えて膝下を無理に捻る機会が多いのです)、続けるなら手術を検討した方が良いのでしょうか?

そして、それはどんな内容の手術ですか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

バレエを続けられるならば、手術はされた方がよろしいかと存じます。
残念ながら私はクラシックバレエの「競技性」については疎いのですが、膝に負担がかかる回旋動作が多いことは想像できます。
既にご存知かもしれませんが、半月板は血流が乏しい組織で、いちど亀裂が入ってしまうと、いかに保存的治療(非手術治療)を行おうとも、もしくは安静を保とうとも、自然に治癒することはありません。
手術で縫合する必要があります。

バレエを続ける=膝に負担をかけ続けるということであれば、亀裂は広がってく可能性が大です。
それを防ぐことができるのは手術のみです。

半月板の縫合術は現在は関節鏡を用いて行われますので、膝の内側に2~3cm程度の切り傷と、2箇所の穴をあけるだけで済みます。
手術時間は片膝2時間程度、入院期間は3~7日で済みます。
術後まもなく歩行は可能で、競技復帰は術後3~6ヶ月で可能です。
http://www.sanjo-hp.net/miyatake/halfmoon/

スポーツ医の認定を受けた整形外科医を受診されることをお勧めいたします。

以下のサイトから、日本整形外科スポーツ医学会認定のスポーツ医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科スポーツ医学会認定スポーツ医名簿】
http://www.jossm.or.jp/meibo/index.html(体のどの部位が専門なのかも表示されます)

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問