JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14311
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

54歳男性です、歩行時に急に臀部の窪み辺りに乳酸が溜まったような感覚になり、それが膝の辺りまで降りてきて歩行が辛くな

解決済みの質問:

54歳男性です、歩行時に急に臀部の窪み辺りに乳酸が溜まったような感覚になり、それが膝の辺りまで降りてきて歩行が辛くなりました。階段を10段位上っただけで休まなければならないような状態でした(休むと消えます)。
翌日はゴルフでしたが、少しはその感覚も収まり何とかプレーはできました。翌日には臀部や膝の感覚はほとんど消失しましたが、足の付け根(大腿骨辺り)に痛みというか違和感があります。
どの様な病気が考えられるでしょうか?宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

典型的ではありませんが間欠性跛行(かんけつせいはこう)がありますから、神経性の病態と血管性の病態の2つの可能性を検討する必要があると思われます。
https://www.ohta-hp.or.jp/n_etc/80med/dep/dep50/d50_02.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

少し補足情報を下さい。

①「臀部の窪み辺りに乳酸が溜まったような感覚になり、それが膝の辺りまで降りて」きたということは、太ももの裏側に違和感が生じたということでしょうか?

②「その感覚」という表現をされていますが、明確に痛いとか、痺れるとかいうわけではないのでしょうか。

③腰痛はありませんか?

④持病(特に、高血圧、高血糖、高脂血症)や常用薬があれば教えて下さい。

⑤現時点では間欠性跛行は消失していると理解してよろしいですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①太ももの裏側というよりは太もも全体に近いです。

②単に痛いとか痺れるという感覚ではなく、どちらかというとだるい感覚に近いと思います。またご相談した翌日(10/4)は、大腿骨の辺り(股関節?)にだるいような明確な痛みではない違和感はありました。

③腰痛はありません。

④持病は不整脈(心房細動)があり、2012年8月にアブレーションを行いました、現在は特に薬(抗血液凝固剤等)は服用していません。

⑤現在(10/6)は間欠性跛行は、ほぼ消失しています。

質問者: 返答済み 2 年 前.

①太ももの裏側というよりは太もも全体に近いです。

②単に痛いとか痺れるという感覚ではなく、どちらかというとだるい感覚に近いと思います。またご相談した翌日(10/4)は、大腿骨の辺り(股関節?)にだるいような明確な痛みではない違和感はありました。

③腰痛はありません。

④持病は不整脈(心房細動)があり、2012年8月にアブレーションを行いました、現在は特に薬(抗血液凝固剤等)は服用していません。

⑤現在(10/6)は間欠性跛行は、ほぼ消失しています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

明確に鑑別はしきれないのですが、痛み・痺れではなく「乳酸が溜まったような感覚」「だるい感覚」という症状からは、血管性の病態の可能性が高いと考えます。

たとえば閉塞性動脈硬化症(ASO)のような疾患です。
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph89.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

しかしASOでは症状が現れたり引っ込んだりすることはありませんので、動脈硬化で狭くなった血管に一時的に血栓が詰まるような病態であったのかもしれません。

心臓血管外科(循環器外科)を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問