JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

前回は、ありがとうごじました。 同じく半月板損傷を患っている息子のことですが自衛官を退職し 親元で治療に専念する

解決済みの質問:

前回は、ありがとうごじました。
同じく半月板損傷を患っている息子のことですが自衛官を退職し
親元で治療に専念するこになりました。
治療費のことですが
半月板損傷の原因は教育中の運動によるものだと本人はいいます。
労災を認定していただきたいと思っておりますが
どのような手続きが必要でしょうか?
よろしくお願いいたします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
こんにちは。猫山です。
私は自衛隊駐屯地がある市で長く働いていたので存じているのですが、自衛官の方々が労災認定を受けるのは大変です。
民間人の企業の労災は、労働基準監督署長によって認定されます。
一方で、自衛隊における労災は、部隊長が認定し、不服があれば方面総監が審査し、さらに不服があれば防衛大臣が認定する、というシステムになっています。
よって手続きとしては、総務を通して、教育訓練中の指導教官であった部隊長に認定を求める必要があります。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

敏速な回答をありがとうございました。

大変ということは中々、認定されないというこですか?

認定の申請をされた方の経緯を知っていましたら教えていただけますか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

個人的経験に照らせば、自衛官が訓練中の怪我で労災の認定を受けることは非常に困難だという印象があります。
基本的には自衛のための戦闘行為を職業とする職能集団であるという思想が背景にあるからかもしれませんが、自衛官が「訓練で怪我をするのは当たり前」という風潮はあるように私には思われます。

明らかな骨折や、入院を要するような脳障害であれば話は別ですが、捻挫や靱帯損傷、半月板損傷は自衛隊側の判断としては労災として認めるのは微妙なところなのではないかと考えます。
これはもう私の勝手なイメージですが、戦時において、戦闘続行可能な状態ならば労災は認定されないように思います。

私の経験の範囲内では、「認定の申請をされた方」はおられません。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問