JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

患者は37歳男性。妻が投稿しております。 9月30日0時ころ、太いネジの先端を踏んで右足裏かかと部分に刺してしまい

解決済みの質問:

患者は37歳男性。妻が投稿しております。
9月30日0時ころ、太いネジの先端を踏んで右足裏かかと部分に刺してしまいました。長さ3センチ、直径1センチくらいの新品のネジが根元まで突き刺さり、包帯を使って止血した後で救急病院にて処置してもらいました。病院に着いた時点で出血は止まっていました。縫合はせず、傷の洗い流しと消毒のみを行ない、今は大きなテープを貼っています。薬はメイアクトMS錠100mg、ロキソプロフェン60mg、テプレノンカプセル50mgを一日三回一錠ずつ、5日分処方されました。患部を濡らさないように、また二、三日で痛みはひくだろう、と言われました。
今朝8時半ころに一回目の薬を飲んだのですが、1時間以上経っても痛み止めが効かないようで変わらず鈍痛のような状態です。傷口が肉の塊のようになっているそうで鈍痛があり、立つのも辛く松葉杖なしでは歩けません。医師に再受診を指示されており明日10月1日、再度同じ病院の外科で診察予定です。質問ですが
1.痛みがある場合、患部を冷やしても大丈夫でしょうか。
2.ロキソプロフェンが効かない場合、一度に倍量を飲むなど量を増やせば効果はあるのでしょうか。
3.歩く際には、なるべく患部を床に当てたりしないほうがいいのでしょうか。
4.明日午前中に再受診予定ですが、それまでは傷口に貼ってあるテープは剥がさないほうがよいのでしょうか。患部に汗をかいたりしないか心配なのですが…
5.お酒を飲んだ状態で薬を飲むのはまずいでしょうか。今日どうしても外せない予定でお酒を飲まなくてはならないようでして。お酒を飲むと痛みも増すのでしょうか。
6.傷が塞がっても痛みが続くなどの後遺症を心配しております。できるだけ後遺症を防ぐために気をつけたほうがよいことがあればお教えいただきたいです。
夫がかなり痛がっており、今日午後から遅刻して仕事に行く予定のため、できる限り痛みを軽減させてあげたいと思っております。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。
1.痛みがある場合、患部を冷やしても大丈夫でしょうか。
⇒これは冷やすべきです。炎症を伴う全ての痛みに、冷罨法は有効です。氷嚢などを用いるのがよいでしょう。

2.ロキソプロフェンが効かない場合、一度に倍量を飲むなど量を増やせば効果はあるのでしょうか。
⇒倍飲めば倍効くわけではありませんが、一定の効果の増強は期待できます。1度に2錠までは服用しても問題ありません。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1149019.html

3.歩く際には、なるべく患部を床に当てたりしないほうがいいのでしょうか。
⇒患部に物理的刺激は与えない方がよいです。できるだけ床に当てずに過ごされるべきでしょう。

4.明日午前中に再受診予定ですが、それまでは傷口に貼ってあるテープは剥がさないほうがよいのでしょうか。患部に汗をかいたりしないか心配なのですが…
⇒感染防止の目的でのテープですから、剥がすべきではありません。

5.お酒を飲んだ状態で薬を飲むのはまずいでしょうか。今日どうしても外せない予定でお酒を飲まなくてはならないようでして。お酒を飲むと痛みも増すのでしょうか。
⇒飲酒すると末梢の血管が拡張し、炎症が悪化します。お薬との飲み合わせは問題ありませんが、傷口そのものには悪影響を及ぼすでしょう。当然痛みも増します。これは、自己責任の範囲内ですが、できるだけお酒の量は控えられるべきでしょう。

6.傷が塞がっても痛みが続くなどの後遺症を心配しております。できるだけ後遺症を防ぐために気をつけたほうがよいことがあればお教えいただきたいです。
⇒実際にご主人を診察・検査できないインターネット相談では傷口の状態はわかりません。一般論として、上記1~5に留意していただくことだと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
早速どうもありがとうございました。大変参考になりました。助かります。
まずは冷やしてみたいと思います。お酒は飲まないように言います。
ありがとうございました。

整形外科 についての関連する質問