JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

前立腺癌を6年前より治療中の75歳:ステージC-1期 psa12.9 ホルモン治療スタート(癌研有明 病院)~半年

解決済みの質問:

前立腺癌を6年前より治療中の75歳:ステージC-1期 psa12.9 ホルモン治療スタート(癌研有明
病院)~半年後に重粒子放射線照射(放射線医学研究所:4w16回) その後もホルモン治療中、psa値は最低で0.11(09年)を記録するも逐次上昇し現在値6.36です。
初めて知った血液分析項目ですが、7月のD-dimer0.84が8月に7.91と急上昇したため
昨日の定期CT検査のとき(有明病院)下肢静脈の超音波検査をされました。
その結果、「下肢dvtが認められる」との診断。血栓により肺梗塞を起こすこともあり・・・との説明を
聞きましたが、そもそも下肢dvtとはどんなことでしょうか、教えて頂きたく。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

DVTとは、深部静脈血栓症(Deep Vein Thrombosis)のことです。
「エコノミー症候群」という言葉を耳にされたことがあるかもしれません。
狭い場所で、足を動かさずにいることで静脈の血流が滞り、血の塊(血栓)ができてしまうことがあります。この血栓が血流に乗って「飛び」、肺の血管に詰まることで肺梗塞を起こすのがエコノミークラス症候群です。

相談者様は肺梗塞を起こされてはいませんが、その危険性がある状態であるということです。

ではなぜ相談者様にDVTが生じたのかと申しますと、前立腺がんそのものの作用、また、それに対して用いられているホルモン療法の副作用である可能性が高いと考えます。
http://www.cancertherapy.jp/sideeffect_manual/2009_autumn/06.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

治療としては通常のDVTに対する治療が行われることになります。
http://merckmanual.jp/mmpej/sec07/ch081/ch081b.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。

DVTとは、深部静脈血栓症(Deep Vein Thrombosis)のことです。
「エコノミー症候群」という言葉を耳にされたことがあるかもしれません。
狭い場所で、足を動かさずにいることで静脈の血流が滞り、血の塊(血栓)ができてしまうことがあります。この血栓が血流に乗って「飛び」、肺の血管に詰まることで肺梗塞を起こすのがエコノミークラス症候群です。

相談者様は肺梗塞を起こされてはいませんが、その危険性がある状態であるということです。

ではなぜ相談者様にDVTが生じたのかと申しますと、前立腺がんそのものの作用、また、それに対して用いられているホルモン療法の副作用である可能性が高いと考えます。
http://www.cancertherapy.jp/sideeffect_manual/2009_autumn/06.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

治療としては通常のDVTに対する治療が行われることになります。
http://merckmanual.jp/mmpej/sec07/ch081/ch081b.html

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問