JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

半月板損傷と診断されました MRIで内側の半月が白く写っていました しばらくは痛みどめの薬と安静で様子見ることだそ

解決済みの質問:

半月板損傷と診断されました MRIで内側の半月が白く写っていました
しばらくは痛みどめの薬と安静で様子見ることだそうです  足をついて歩くと痛くて歩くのがきついです   半月板損傷と聞いてショックでこのままで痛みわとれてなおるでしょうか
67歳 女   体重82 ダイエット中   約1ヵ月前に普通に歩いててなりました  よろしくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

半月板は血流がほとんど無い組織ですので、安静を保っても、損傷(断裂)した半月板が元通りにくっつくことはありません。断裂したままになります。

ただし、安静を保つことで炎症が落ち着いて痛みは治まります。

よって治療方法は、相談者様が示されたように「痛みどめの薬と安静で様子見」か、関節鏡手術で損傷した半月板を切り取るか縫い合わせるかになります。
https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/meniscal_tear.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

これで回答になっておりますでしょうか?

確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

白く写って断裂した線が見えないのでちがうでしょうとのことでした

痛みを抑えて炎症が少なくするためには膝をどのように気負つけたらいいですか   今湿布とサポーターをしています   出かけるのは絶対だめですか

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

日本人の場合、民族的にO脚傾向ですので、半月板損傷を起こした患者様の99%が内側半月板が損傷されます。

よって、半月板の負担を減らして炎症からの回復を促すためには膝の内側にかかる加重を減らしてあげる必要があります。
このために有効なのは、大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)の筋力トレーニングと足底板(インソール)の使用です。
http://www.topics.or.jp/special/122545452297/2013/12/2013_13882860466818.html
http://www.shuuwa-gh.or.jp/news/insole.php

患部を冷やすのはよいのですが、実はあまり湿布はあまり冷却効果がありません。氷嚢を使って、1日2~3回、15分程度冷やした方が効果があります。

膝の関節は、一般的なサポーターではなかなか安定しません。その目的には上述の筋力トレーニングが効果を発揮します。

整形外科で足底板を作ってもらうこと、リハビリテーション科がある病院を紹介してもらって膝関節安定のための運動療法を受けること――この2点をお勧めいたします。

外出は、一般的には、よほどの遠出や、山登りでもするのでなければ、痛みが強くならない範囲でしていただいてかまいません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました   今プールで歩いていたのですが大丈夫ですか

それと病院を変えることとても言いずらいので困っています

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
プール・ウォークは浮力に膝への荷重を減らせ、同時に筋肉もつけられますから、とても良い運動ですよ。
続けられるのがよいと思います。
転院は必ずしなければならないといわけではありませんが……
まだお若いですし、膝とは、残る人生ずっと付き合っていかなければなりません。
いっとき、思い切られるべきだと、私は思います。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問