JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左手の平がビリビリ痺れて痛覚などは有りますが直ぐに痺れてるので無く成ります。 左足も同様で打撲して触ると多少痛みが

解決済みの質問:

左手の平がビリビリ痺れて痛覚などは有りますが直ぐに痺れてるので無く成ります。
左足も同様で打撲して触ると多少痛みが有るのですが痺れで解りません。
頸部脊柱管狭窄症が有るのですが軽いので、この様な症状が出るのはおかしい?
と医師が言うのです。
他には何かないでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①ご記載の症状はいつ頃から始まりましたか? 症状はだんだん強くなってきているでしょか。

②主治医(専門医)の見解としては、痺れが現れる場所は頸部脊柱管狭窄症の症状として説明がつくかもしれないが、痺れの程度が、頸部脊柱管狭窄症の重症度からは説明が出来ない、ということでしょうか?

③ペインクリニックの受診は勧められませんでしたか?

④痺れに対して投薬や、神経ブロック注射は行われていないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①10年以上前に転んで右手を痛めてしまい、その後に無理に仕事をしてたら痺れが手の平から上に上がりはじめたのが始まりでした。

この時はレントゲンのみで頚椎のヘルニアと診断されました。

(個人医院でした)

仕事を辞めて日常生活を1~2か月すると症状は治まるのですが仕事を

始めて何か月か立つと症状が出て来ます。

(力の使う仕事、介護や運搬系、コンビニ店では出ませんでした)

段々と酷く成り出る箇所も増えて来ています。

②そのとおりです。

③いえ、ペインクリニックとは何でしょうか?

④投薬は痛み止めは有るが痺れ止めは無いとの回答でした、神経ブロック注射も必要ない状態だそうです。

個人的にはMRIだと骨と骨の間から白いのが出てるので疑問持って

ます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ペインクリニックとは、痛みのスペシャリストである麻酔科医が、臨床の中でその手技を生かし、患者様の痛みや痺れといった問題に対処する診療科です。
http://www.jspc.gr.jp/gakusei/gakusei_pain_01.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ペインクリニックは、

1. 原因不明の痛み

2. 原因はわかっているがその原因を取り除けない痛み

の治療に有用な診療科ですので、相談者様には合っているのではないかと考えました。

ただ、MRI所見に疑問を持たれているのであれば、他の脊椎の専門医にセカンドオピニオンを受けられることも検討されるべきかと考えます。
原因が判明し、それが治療されて、その結果として痺れが改善することがもっとも望ましいのは言うまでもないことだからです。

セカンドオピニオンについては考えられておられないでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ペインクリニックとは、痛みのスペシャリストである麻酔科医が、臨床の中でその手技を生かし、患者様の痛みや痺れといった問題に対処する診療科です。
http://www.jspc.gr.jp/gakusei/gakusei_pain_01.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ペインクリニックは、

1. 原因不明の痛み

2. 原因はわかっているがその原因を取り除けない痛み

の治療に有用な診療科ですので、相談者様には合っているのではないかと考えました。

ただ、MRI所見に疑問を持たれているのであれば、他の脊椎の専門医にセカンドオピニオンを受けられることも検討されるべきかと考えます。
原因が判明し、それが治療されて、その結果として痺れが改善することがもっとも望ましいのは言うまでもないことだからです。

セカンドオピニオンについては考えられておられないでしょうか?
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問