JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

肩間接周囲園と診断され粗1年になります。少しずつ良くなり当初の痛みはより随分と緩和されましたが、まだ痛みはあります。

解決済みの質問:

肩間接周囲園と診断され粗1年になります。少しずつ良くなり当初の痛みはより随分と緩和されましたが、まだ痛みはあります。
右肩の前内側に動きによって痛みがあり、鍵盤が傷んでいるのではと疑っております。(ひねりは痛い)
MRIで確認しようと思いますが、自分の目で確認が出来るのでしょうか?
又、最近は筋トレを軽く行なうようにして、その時痛みが出ますが、後日徐々に良くなるような気がします。此れでよろしいでしょうか?
丸地といいます。よろしくお願いいたします。60歳で
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

> MRIで確認しようと思いますが、自分の目で確認が出来るのでしょうか?
専門医に説明してもらえばわかるのではないかと思います。
https://www.jusendo.or.jp/_general/topics/img/sei-05.jpg

> 又、最近は筋トレを軽く行なうようにして、その時痛みが出ますが、後日徐々に良くなるような気がします。此れでよろしいでしょうか?
診断が確定するまでは安静を保たれるべきだと考えます。

少し補足情報を下さい。

①「注射を二回しました」とのことですが、ヒアルロン酸でしょうか? ステロイドでしょうか? 肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)であるにせよ、腱板損傷であるにせよ、注射だけでは治りませんし、「肩をまわす」ことは、どちらの場合も適切なリハビリテーションとは言えません。
どれくらいの規模の、肩関節に関してどれくらいの専門性がある整形外科医療機関にかかられているのでしょうか。

②腕を真横に水平になるまで上げるのと、前方から挙手をするように上げる場合ではどちらが痛みが強いでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
<情報リクエストですのでまだ評価はなさらないで下さい>

こんにちは。猫山と申します。

> MRIで確認しようと思いますが、自分の目で確認が出来るのでしょうか?
専門医に説明してもらえばわかるのではないかと思います。
https://www.jusendo.or.jp/_general/topics/img/sei-05.jpg

> 又、最近は筋トレを軽く行なうようにして、その時痛みが出ますが、後日徐々に良くなるような気がします。此れでよろしいでしょうか?
診断が確定するまでは安静を保たれるべきだと考えます。

少し補足情報を下さい。

① 「注射を二回しました」とのことですが、ヒアルロン酸でしょうか? ステロイドでしょうか? 肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)であるにせよ、腱板損傷であ るにせよ、注射だけでは治りませんし、「肩をまわす」ことは、どちらの場合も適切なリハビリテーションとは言えません。
どれくらいの規模の、肩関節に関してどれくらいの専門性がある整形外科医療機関にかかられているのでしょうか。

②腕を真横に水平になるまで上げるのと、前方から挙手をするように上げる場合ではどちらが痛みが強いでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評 価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご 質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生 ありがとうございます。

1)整形外科には、博多のスポーツ栄養クリニックに半年間通いました。

そのときの処置は、ヒアルロン酸注射を二回、その後はリハビリです。(MRIも取りましたが状態が良く分かりませんでした)

2)腕を真横に水平になるまで上げるのと、前方から挙手をするように上げる場合ではどちらが痛みが強いでしょうか。⇒同じ程度の痛みです。

3)肩を方を回すのは朝晩。腕を回すのはゴルフをする時に事前事後に行なっています。(ゴルフは後半は痛みが和らぎます、ロキソニンを朝昼とロラタジンを服用して行ないます)

又、毎日会社では、肩を伸ばすように健康器具で体操します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様が肩関節周囲炎を患われている可能性も、腱板損傷を患われている可能性もあると考えます。

肩関節周囲炎だった場合、前述しましたように、現在のリハビリテーションは適切ではありません。
http://www.takata.or.jp/gozuukata.html
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/1150gata.htm
↑↑↑クリックすると解説ページが開きます↑↑↑

また、ご懸念の腱板損傷との鑑別も必要です。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/11kenbansonshou.htm

肩関節は人体の中でもっとも複雑な構造を有する関節ですので、診断や治療には高い専門性が必要とされます。整形外科でも、一般的な町医者レベルでは対応できないことが多いのが現実です。
クリニックでも病院でもいいのですが、肩関節の専門性が高く、MRI検査が行える規模の整形外科医療機関を受診されることをお勧めいたします。

相談者様の場合も、かなり症状が長引いていますから、肩関節の専門外来を持っている病院を受診されることをお勧めいたします(「肩関節外来+地名」で検索す ればみつけられることがほとんどです。JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
例:http://www.shimogamo.jp/shoulder.htmlhttp://www.shoulderjoint.jp/inpatient.html#inpatient03

筋力トレーニングの可否を含めた治療の在り方については、まずはそうした専門医のもとで診断を受けられてから説明・相談ということになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問