JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14372
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10日前ひざ下打撲しすりきづができました。きづ口がふさがりましたが、その後踵の横に紫の内出血 だ現れました。痛みは

質問者の質問

10日前ひざ下打撲しすりきづができました。きづ口がふさがりましたが、その後踵の横に紫の内出血
だ現れました。痛みは傷口のみで、きづ口がふさがりとともに消えました。ところが10日を経て、痛みがでてきました。づッと晴れが」つづいております。どういう症状なのか、外科か、整形外科のどちらにみてもらえばいいか教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評 価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予 めご了承下さい】


おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は蜂窩織炎を呈されている可能性が否定できません。

【蜂窩織炎】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OC1000.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。皮膚の常在菌が、毛穴や汗腺、小さな傷から、皮下脂肪組織に侵入して発症する病態ですので安静にして患部を冷やすとともに、抗生物質の服用あるいは点滴静注が必要となります。
皮膚感染症の中では重たい病気に含まれ、時には入院も要します。

早めに皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評 価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予 めご了承下さい】


おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は蜂窩織炎を呈されている可能性が否定できません。

【蜂窩織炎】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OC1000.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。皮膚の常在菌が、毛穴や汗腺、小さな傷から、皮下脂肪組織に侵入して発症する病態ですので安静にして患部を冷やすとともに、抗生物質の服用あるいは点滴静注が必要となります。
皮膚感染症の中では重たい病気に含まれ、時には入院も要します。

早めに皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評 価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予 めご了承下さい】


おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様は蜂窩織炎を呈されている可能性が否定できません。

【蜂窩織炎】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OC1000.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。皮膚の常在菌が、毛穴や汗腺、小さな傷から、皮下脂肪組織に侵入して発症する病態ですので安静にして患部を冷やすとともに、抗生物質の服用あるいは点滴静注が必要となります。
皮膚感染症の中では重たい病気に含まれ、時には入院も要します。

早めに皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問