JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の妻についてお尋ねいたします。 テニスを永年やっています。(現在70歳) お医者さんからは変形性肩関節症と

解決済みの質問:

私の妻についてお尋ねいたします。
テニスを永年やっています。(現在70歳)
お医者さんからは変形性肩関節症と診断されています。まだスポーツを続けたいらしく、私は
手術を勧めていますが、妻はあまり乗り気ではありません。手術は難しいものなのでしょうか。
また良い医療機関があれば教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
①変形性肩関節症の手術的治療には、滑膜切除術、関節形成術、人工骨頭置換術、人工関節置換術、関節固定術などがあります。奥様が勧められているのはどの手術ですか?
②奥様が受診されているのは肩関節の専門性が高い整形外科医療機関でしょうか? リハビリテーションのスタッフや施設はありますか?
以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①家内には手術の話はまだ出ていないようです。私が勝手に思い込んでいる だけです。

②医療機関は下記の通りです。

江戸川病院(1か月に2回通院)及び清泉クリニック整形外科(荻窪)でリハビリテーションを3日おきに通っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
術式によってリスクは変わってまいります。
奥様の肩が現在どのような状態であって、どれくらいの運動制限があるのかを教えていただけますか?
また、病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の 病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
ただし、特定の病院ではなく、専門医療機関や専門医のリストはお示しできる場合がございます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1)家内の方の状態

食事の用意、畑の草取り(ただし、右手は使用しないようにしています)

等はしていますが、フトンの上げ下げ等右手を使う作業はできません。

2)運動の制限について

今日お医者さんから下記のように言われたとのことです。

「現状より良くなることはない。従って痛みをこらえて卓球をするのも良

し、また何もしないのも良し」とのことです。

注)先の文章ではテニスと書きましたが卓球の間違いです。

3)医療機関についての回答は理解できました。有難う御座います。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
現在通われているクリニックには、肩関節の専門性が高いスポーツ医もおり、おそらく奥様は保存的治療(非手術治療)としては適切な治療を受けておられると推察します。
http://seisen.info/docter
それでもなお肩関節の可動域制限が強いようですから、より以上の改善を求められるのであれば、人工肩関節置換術が治療選択肢になりえます。
http://kansetsu-life.com/shldr_elbw/3_02.html
しかし、人工肩関節は、肩関節の構造上、他の人工関節に比べても脱臼しやすい人工関節です。
手術後は重いものを持ったり、手術を下側の腕に体重をかけることは制限されます。
人工関節肩関節置換術は、主に除痛と、日常生活レベルの可動域改善のために行われる手術です。
奥様が手術を受ければ、日常生活の質は向上するかもしれませんが(ただし布団の上げ下ろしは出来ません)、腕を大きく回して振り回す卓球のようなスポーツは行えなくなります。
まとめますと、手術の最大のリスクは術後の脱臼です。
スポーツ競技を続ける目的で手術を受けられることはお勧めできません。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問