JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在59歳になりました女性です。 私は、平成23年11月7日勤務作業中、アスファルト舗装通路で、壁面からはずし丸めてあった全長約57メートル幅約20メートルのネット作業を担当者

解決済みの質問:

現在59歳になりました女性です。
私は、平成23年11月7日勤務作業中、アスファルト舗装通路で、壁面からはずし丸めてあった全長約57メートル幅約20メートルのネット作業を担当者として全体指示していました。
作業の終盤、指示のためネット上を行き来していた午後2時05分頃、ネットのねじられた紐状部分(直径約3ミリメートル)に丸太を転がされるように足を取られ、(もしくは 網に持ち上げられたか)身体全体でアスファルト舗装にたたきつけられました。
その際、左膝で地面の衝撃を受け、強烈な痛みで暫く声も出せずうつぶせのままでした。
暫くして見たところ、ジャージの下の左膝に擦り傷がありましたが、そのときは痛みを我慢していました。しかし翌日になっても左膝全面の激痛が和らぐことがなかったので、勤務終了後に勤務先の最寄りの病院の整形外科にて受診しました。レントゲン撮影等診察により主治医に『左膝打撲(膝周りの神経が切れたと思われると言われた)、全治約3カ月』と診断されました。
その後は以前より腰痛治療を受けている整骨院に週1回程度通院し、治療を行って現在に至っています。
しかし、25年1月にスキー(2泊3日)を行った後膝に違和感を感じるようになり、2月のスキー(1泊2日)の数日後から徐々に痛みを感じるようになって行きました。2月9日から整形外科を受診をしました。変形性膝関節症と診断され週に2回ほど温熱療法?に3月初旬まで通いました。
しかし、膝周りが腫れて痛むので3月15日に水がたまっているとのことで 1.水抜き(20cc)2.膝関節腔内注射(ケナコルトーA筋注用関節腔内用水懸注 40/1ml 1瓶)(キシロカイン注射液 1% 1ml)を行いました。
以後
3/23 1.水抜き(12cc)
2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
3/30 1.水抜き(10cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
4/ 6 1.水抜き(?cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
4/13 1.水抜き(6cc)      2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
4/20 1.水抜き(16cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
5/13 1.水抜き(16cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
5/28 1.水抜き(15cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
6/15 1.水抜き(15cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
6/29 1.水抜き(18cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
7/27 1.水抜き(17cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)8/10 1.水抜き(10cc)       2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
8/24 1.水抜き(16cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
9/ 7 1.水抜き(10cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
9/21 1.水抜き(10cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
10/5 1.水抜き(?cc)     2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
10/19 1.水抜き(?cc)    2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
11/ 9 1.水抜き(8cc)    2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
12/21 1.水抜きせず・・・あると思うがといわれたが
2.左膝関節腔内注射(アルツディスポ関節注 25mg/1% 2.5ml 1筒)
今年(26年以降)はスキーは1泊2日で一回、テニスは週1回行っていました。
当初は階段の登り下りに違和感もあったが、徐々に違和感もなくなってきました。テニスには心理的に不安があったのでサポートタイツ(CWX)を着用、また整骨院に週1回程度通院し、膝周りの硬さや左うち側の硬さ(痛み)のもみ等治療を行っています。 左膝は完全には伸びず(大分できるようになってきましたがやや膝を曲げている感じ)左うち側の硬さ(軽い痛み)がある程度、屈伸の『屈』は完全にはできていません。
7月になってテニス仲間も通院しているというので、スポーツ整形外科(当地域では有名らしく)をセカンドオピニオンが欲しくて受診。X線では上下の感覚が狭く、80歳代のようで何かがあるのでは?といわれ、MRIの結果『(おそらく 3年前の事故が原因で)変形が始まり(変形性膝関節症)現在は軟骨が端に追いやられてしまっている。骨が原因なのでテニスはお薦めしない。』と言われてしまいました。その後膝周りの硬さをゆるめる筋トレを教えてもらいました。
テニス(といっても週1回:70分程度のスクールですが)は仕方なくやめるつもりでしたが、テニスのコーチ(スキーの上級者でもあります)がスキー専門のスポーツ医に再度聞いてみたら・・・と言ってくれました。
このページを拝見して私と同じような方のお悩みと先生のお答えがありました。が再度、スキー(とは言ってもゲレンデスキーヤーです)は生涯スポーツとして80(85)歳まではゲレンデに立っていたいと思っています。お教えを頂ければと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

私は、本サイトで、スポーツ外傷に関するご質問に多く回答させていただいておりますので、あるいは、相談者様がご覧になったという「私と同じような方のお悩みと先生のお答え」は私によるものであったかもしれません。

少し補足情報を下さい。

①受診された「スポーツ整形外科(当地域では有名らしく)」の診察医はスポーツ医ではなかったのですか? 「スキー専門のスポーツ医」という制度はありませんので、そのような医師はいないと思いますが……(「膝の専門性が高いスポーツ医」ならばいますが)。

②「膝周りの硬さをゆるめる筋トレ」ではなく、膝関節の安定性を高めるための筋トレは教わりませんでしたか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①「スポーツ整形外科(当地域では有名らしく)」の「膝専門」の診察医はよくわかりませんが、午前中のみの診察だったので、MRI後の診断は院長である 間瀬 泰克 院長 ( 後日インターネットで調べたスポーツ医名簿では▼得意分野 》膝、肩、全般 ▼得意種目 》スポーツ全般、格闘技系、アイスホッケー・スケートなど▼氷上系 ▼:スポーツドクター資格 日整会認定スポーツ医、日体協スポーツドクター と書いてありました。)

②先生のおっしゃるのとの違いがよくわかりませんが、当日やってもらった・教えられたリハビリは次の通りです。(先生のおっしゃるには足はほとんどが脂肪で、筋肉はほとんど無い・・・とのことで)

A ほぐし

1.外側ライン (自分では難しいので)テニスボールを使ってほぐす

2.器具を使って 上肢 両脇挟み、膝に力を入れて伸ばす感じで 《少しずつずらしながら連続して》10カウントずつ

3.器具を使って 下肢 両脇挟み 骨際、膝を曲げ足首を上げながら《少しずつずらしながら連続》10カウントずつ

4.ハムストリングス グッズを使って 押し膝に力を入れて伸ばす感じで

B お皿を動かす

足・膝を伸ばして、両手の指を使って上下左右にゆっくり動かす

C トレーニング(膝のばし)

足を真っ直ぐのばし、力を入れる 100回    ・・・というものです。

診察・教えてもらってからまだ3日目で1日1~2回しかできませんが、膝のお皿がかなり動くようになってきたようです。それに伴って膝内側の痛みも薄れてきたように感じます。

このような回答でよろしいでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の主治医は膝の専門性が高いスポーツ医ですので、正しい診断と治療を受けられているように思います(※JustAnswerは公開サイトですので、主治医の個人名は出さない方がよかったかもしれません……:http://ww2.justanswer.jp/ja/terms-service-0#posts)。

変形性膝関節症は、加齢に伴い、もしくは外傷に続発して膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。

鎮痛剤は炎症を鎮めるだけの対症療法ですし、ヒアルロン酸(アルツディスポ)の関節内注入も、摩擦を減らすだけで、それによってすり減った軟骨が元に戻るわけではありません。
膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。

根本的に痛みを取り除くには、手術が必要です。膝関節を人工関節に置換する必要があります。
ただし、人工膝関節にすることで、日常動作における疼痛は無くなりますが、脱臼のリスクがあるために、膝に負担がかかるスポーツであるテニスやスキーは出来なくなってしまいます。また、日常生活においても正座が難しくなるなどの難点があります。

主治医の治療方針は、理学療法(リハビリテーション)によって膝周囲の筋力をつけて膝関節を安定させることで膝関節症の進行を防ごうとするものだと推察しますし、それはリーズナブルな選択だと考えます。

この方針に従うのであれば、テニスも、そしてスキーも「お薦めしない」ということになります。
無理にスポーツで膝関節に負荷をかけて人工膝関節手術を余儀なくされれば、現在よりも生活の質が低下してしまう可能性があるからです。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様の主治医は、相談者様の膝の状態に関して適切な判断を下す能力があり、その治療方針も適切であると考えます。
この方針に従って治療を継続されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の主治医は膝の専門性が高いスポーツ医ですので、正しい診断と治療を受けられているように思います(※JustAnswerは公開サイトですので、主治医の個人名は出さない方がよかったかもしれません……:http://ww2.justanswer.jp/ja/terms-service-0#posts)。

変形性膝関節症は、加齢に伴い、もしくは外傷に続発して膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。

鎮痛剤は炎症を鎮めるだけの対症療法ですし、ヒアルロン酸(アルツディスポ)の関節内注入も、摩擦を減らすだけで、それによってすり減った軟骨が元に戻るわけではありません。
膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。

根本的に痛みを取り除くには、手術が必要です。膝関節を人工関節に置換する必要があります。
ただし、人工膝関節にすることで、日常動作における疼痛は無くなりますが、脱臼のリスクがあるために、膝に負担がかかるスポーツであるテニスやスキーは出来なくなってしまいます。また、日常生活においても正座が難しくなるなどの難点があります。

主治医の治療方針は、理学療法(リハビリテーション)によって膝周囲の筋力をつけて膝関節を安定させることで膝関節症の進行を防ごうとするものだと推察しますし、それはリーズナブルな選択だと考えます。

この方針に従うのであれば、テニスも、そしてスキーも「お薦めしない」ということになります。
無理にスポーツで膝関節に負荷をかけて人工膝関節手術を余儀なくされれば、現在よりも生活の質が低下してしまう可能性があるからです。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様の主治医は、相談者様の膝の状態に関して適切な判断を下す能力があり、その治療方針も適切であると考えます。
この方針に従って治療を継続されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。


猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    整形外科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    476
    救急医、准教授
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    整形外科専門医

    満足した利用者:

    112
    国立医学部卒業 医学博士 米国留学中
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2792
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    309
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/JU/justpsyhanatan/2016-2-15_14913_image.64x64.jpeg hanatan さんのアバター

    hanatan

    医師

    満足した利用者:

    74
    医師免許証、精神保健指定医、精神科専門医
 
 
 

整形外科 についての関連する質問