JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

吉武利博64歳です 6月初旬から右手人差し指親指中指と腕にしびれが出ています 整形外科に行き診察してもらいMRI等

解決済みの質問:

吉武利博64歳です 6月初旬から右手人差し指親指中指と腕にしびれが出ています
整形外科に行き診察してもらいMRI等を撮ってもらいましたおそらく頚椎症でC6からの神経根の障害とのことでした ビタミンB群の静脈注射とリハビリ(牽引とマッサージ)飲み薬(スールキット250mg・リマルモン5μg)を処方され2ヶ月たちましたが症状は変わらずです 痺れはなかなか治らないものだと聞いてはいますがもっと効き目のある処方はないものかと思っています 整形外科医院を変えようかとも思っています 何か助言をいただければと思います
ちなみに7年前から糖尿の治療で月に1度内科似通っています 今年の1月に右後頭部から顎・頸下にかけて帯状疱疹になり今も神経痛が残りブロック注射を月2回ほどペインクリニックに通い処置しています 昨年10月くらいから右薬指がバネ指で大変痛い思いもしていますこれは1度注射(ノイロトロピン)をしてもらいましたがあまり芳しくありません
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

MRI検査を行った上で診断が下されていますし、診断結果も神経学的に妥当なものだとは思います。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ただし、処方されているお薬には工夫の余地はあるように思います。

少し補足情報を下さい。

①リリカというお薬は試されたことはないでのしょうか。

②診断は頸椎症性神経根症になるのだと思います。まだ症状が現れてから2ヶ月ですので痛み・しびれは残る時期ですが、手術適応は無いと判断されていると理解してよろしいですね?
https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cervical_radiculopathy.html

③ペインクリニックに通われているのであれば、そちらでは上肢のしびれについては相談されていないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】















質問者: 返答済み 3 年 前.

1 リリカは帯状疱疹の処方薬として150mg処方され75mgから今は25mgになっています

2 手術が必要なほどではないといわれています

3 相談しています MRIの結果をまだ報告していませんが近じか報告の予定です 痺れに関してはブロック注射もその一助になるから続けましょうとのことでした

これから出かけますので何かありましたら夜以降になります よろしくおねがいいたします

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

頸椎症性神経根症による痛みは神経因性疼痛(いわゆる神経痛)ですので、一般的な鎮痛薬はあまり効果がありません。
スールキットは筋弛緩薬、リマルモンは血流改善薬ですので、頸椎症そのものには意味がある処方ですが、それによって起こる疼痛にははっきりとした効果は期待できないと思います。

痛みが無くなるまでにはリリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法やブロック注射といった対症療法が必要です。

一般の整形外科医院では、神経因性疼痛に対してそこまでの治療のラインナップはありません。また、脊椎・脊髄の専門医を受診されても、診断が変わらない限りは治療方針は対症療法ということになると考えます。

その対症療法を受けられるために、治療の軸足をペインクリニックに移されてはと思います。
牽引等の理学療法は整形外科で行い、薬物療法(や、必要ならば神経ブロック注射)はペインクリニックで行ってもらうのが、専門性という観点からも好適と考えます。

整形外科主治医からペインクリニックの主治医宛に紹介状(もしくいは診療情報提供書)を書いてもらい、両科で連携した治療を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。











猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問