JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左右の大腿付け根の上部に違和感がある。特にテニスをした後等では鈍痛がします。ただし、テニスをしている間は違和感等はあ

解決済みの質問:

左右の大腿付け根の上部に違和感がある。特にテニスをした後等では鈍痛がします。ただし、テニスをしている間は違和感等はありません。なお、鼠径部のヘルニアのインタネット画像部に僅かな膨らみ(幅20mm×長さ40mmで膨らみは2mm程度)があり、内科で見てもらったところ、脈動があり、動脈硬化と言われました。この膨らみとよりは50mm程度上側で上記の痛みと違和感が発生しています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①相談者様が痛みと違和感を感じられている箇所は、数の「L1」と記されたグレーの領域に含まれていますか?
http://www.octls.com/derl.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

②症状が現れるのはテニス後だけであると理解してよろしいでしょうか。

③腰痛や背部痛等はありませんか?

④持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】













質問者: 返答済み 2 年 前.

① L1の上部に相当します。

② テニスの後等の疲れた時に顕著です。なお、その症状が顕著になる直前から、エクスパンダを用いた背筋強化の運動、腹筋の運動を始めたことが関連しているかもしれません。

③ 腰痛がありましたが、上記の②に記載した運動を始めたことと関連するかもしれませんが、腰痛は殆どありません。うずくまった作業等で同じ姿勢をキープした後、しばらく、腰が伸びにくいことはありますが。

④ 寝つきが悪く、睡眠導入剤(デパス0.5mgを1錠/晩)を服用しています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

L1とは第1腰髄神経のことで、第12胸椎と第1腰椎の間を通って、腰や下肢に伸びる神経です。
このL1が何らかの理由(椎間板ヘルニア、腰椎すべり症など)で圧迫を受けると、この神経が感覚・運動を司る領域で感覚障害(しびれ、痛み)や運動障害が起こります。
一般に、多くの場合は感覚障害だけが現れ、運動障害が現れるのはかなりの重症例に限られます。

相談者様が仰られるところの「背筋」が脊柱起立筋(http://www.know-dt.com/muscle/indiv/erector.html)のことを指すのであれば、その筋力トレーニングは時に脊椎に負担をかけ、椎間板ヘルニアなどを引き起こすリスクがあります。

「膨らみとよりは50mm程度上側で上記の痛みと違和感が発生して」おられるとのことですから、動脈硬化によるその膨らみと、相談者様が感じられている痛みと違和感には因果関係は無いであろうと思われます。

脊椎のトラブルに起因する神経障害の可能性を念頭に、脊椎・脊髄の専門医を受診されてはと思います。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

以上、ご参考になれば幸いです。















質問者: 返答済み 2 年 前.

一つ、言い忘れていたことがあります。

それば、3年前に私の右側(右手側)の腎臓を、女房に提供するドナーになり、神戸医大で手術を受けました。その術後、左側の下腹部に定常的な違和感がありました。術後、2年間は、3ヶ月毎の経過観察があり、主治医に相談しましたが、手術は右側であり、手術で左側の腹部に異常を発生させることは考えられないこと、および、血液検査、尿検査等の経過観察の項目に異常が無いとのことでした。術後、3年目に入り、一度、内蔵の検査をしてもらうようにとの神戸医大からの指示で、近所の総合病院でMRI等の検査をうけましたが、異常が見つからず、現在に至っています。

なお、左下腹部の違和感は、相談している両側のL1部の異常に隠れたのか、あまり顕著に感じなくなりました。

今回追記した内容が、既に頂いた診断に変化を生じさせないかどうか、検討して頂けませんでしょうか。

宜しくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。よって、私は診断を下したのではなく、可能性を挙げただけです。
この点についてはご理解ください。

右腎摘出に関して「手術は右側であり、手術で左側の腹部に異常を発生させることは考えられない」という主治医の見解に私も同意します。

「近所の総合病院でMRI等の検査をうけましたが、異常が見つから」なかったとのことですから、今回の追加情報によって先の私の回答内容に変更が加わることはございません。





猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問