JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

59歳、女性です。5年程前から右股関節に痛みを感じていました。 昨年、右乳房癌温存手術をうけました。そのときの骨シ

解決済みの質問:

59歳、女性です。5年程前から右股関節に痛みを感じていました。
昨年、右乳房癌温存手術をうけました。そのときの骨シンチ検査で、股関節と両膝の関節が弱いと言われました。骨粗しょう症も少しあるとも言われました。が、その時点では、乳がん治療を優先しました。
1年すぎまた骨シンチを受け、股関節が痛いことを告げ、整形外科へ受診しました。癌の転移はありません。レントゲンで素人の私が診ても軟骨がないことがわかりました。椅子からの立ち上がり、歩き始めには、痛いですし、寝ても右足に支えがないと、仰向けに寝られません。
昨年癌手術したばかりなので、出来れば手術はしたくないです。先生ももう少し様子をみましょう、と言ってくれますが・・・
仕事が農業で蜜柑とお茶栽培です。山斜面も歩くし、重たい20kgくらい物も持ちます。
もし、手術をした場合、仕事がどの程度できるのでしょうか。
今は痛み止めを飲んで仕事をしています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①乳がん治療に伴ってホルモン療法を受けられましたか? 受けられていた場合、その内容を教えてください。

②「軟骨がないことがわかりました」とのことですが、整形外科的な診断は「変形性股関節症」でしょうか? その場合、どのような治療が適切なのかは、股関節症の進行度いかんで決まります。
下記サイトをご覧になり、おおまかにでも、ご自分の股関節症の進行度がお分かりであれば教えて下さい。

【股関節の症状と進行度】
http://kansetsu-life.com/hip/2_03.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

③受診されたのは、股関節専門外来などの股関節の専門性が高い整形外科ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】













質問者: 返答済み 3 年 前.

乳がん治療後フェマーラというホルモン剤を飲んでいます。

専門外来ではありません。市民病院です。

股関節変形症と診断されました。

進行系と思います。よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

フェマーラを含む乳がんに対するホルモン治療は、女性ホルモンであるエストロゲンの働きを阻害することを目的として行われます。
このため、エストロゲンによって増殖する性質がある乳がんの再発を抑える一方で、骨粗鬆症を進行させる副作用があります。

相談者様の変形性股関節症も、あるいはホルモン療法の影響を受けているかもしれません。

進行期ならば、絶対に手術(人工股関節置換術)をしなければならないというわけではありませんが、ただ単に「もう少し様子をみましょう」という方針で痛み止めを服用されていても問題の本格的な解決にはなりません。
変形性股関節症は、加齢に伴う股関節の摩耗です。かつ股関節は荷重関節(体重がかかる関節)ですから、日常生活の中でも病状は進行していきます。

手術をせずに進行を止めるのであれば、理学療法(リハビリテーション)によって股関節周辺の筋肉を付けて、股関節を安定させ、股関節の摩耗を防ぐ必要があります。

股関節専門外来を受診されることをお勧めいたします。

股関節は、上述の通り荷重関節であるとともに、多方向に屈曲・伸展・内旋・外旋する、という多彩な機能を備えた、複雑な関節であり、この部位の診察には一定以上の専門性が要求されます。
下記のサイトから、日本股関節学会指定の研修病院を検索することができます。ここから、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本股関節学会 研修病院】
http://hip-society.jp/training.html

これ以外の病院であっても、「股関節外来」というキーワードと地名を組み合わせれば、股関節に関する専門性が高い病院はみつかりますから、そういった病院を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

















猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問