JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

当方、67歳の男性です。 今年1月27日に胸椎後縦靭帯骨化症の手術をしました。除圧式固定術での手術で、チタンのネジ10本で留めています。 1)

質問者の質問

当方、67歳の男性です。
今年1月27日に胸椎後縦靭帯骨化症の手術をしました。除圧式固定術での手術で、チタンのネジ10本で留めています。
1) 最近ゴルフを始めましたが、プレーの翌朝は手術した両サイドの筋が痛みますが、すぐに治まります。今後ゴルフをしても再発、再手術の心配は有りませんか。(5ヶ月めのCT、レントゲンでは異常なし)
2)脊椎を五ヶ所固定している為、腰に負担がかかるとの事ですが、何年か後に腰のヘルニアの手術の可能性が高いのですか。
また、将来、車椅子の生活の可能性が高いのでしょうか。
上記、ご相談申し上げます。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

術式からして、相談者様はいくつかの脊椎を固定されています。
ゴルフのように身体を捻る動作を行う場合、通常はすべての脊椎が少しずつ回旋しますが、相談者様の場合は固定された部分が動かないため、その上下(特に下の腰椎)が余分に回旋しなければなりませんので、腰に負担がかかります。
また、固定部分は、回旋しようにもできなくなっていますが、筋肉は回旋させるよう力がこもります。それにブレーキがかけられるように力が働くために筋肉痛が起こります。

ゴルフを行うことで、胸椎後縦靭帯骨化症が再発することはありません。
ただ、腰椎に、何らかの損傷(椎間板ヘルニアを含む)が起こる可能性は高いと思います。
下半身不随になるかどうかはその損傷の程度次第でしょう。

ただし、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では申し上げられることに限界があります。

ゴルフの件については主治医はどのような見解なのでしょうか。
つまり、今回のこのご質問に対する主治医の回答を教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

術式からして、相談者様はいくつかの脊椎を固定されています。
ゴルフのように身体を捻る動作を行う場合、通常はすべての脊椎が少しずつ回旋しますが、相談者様の場合は固定された部分が動かないため、その上下(特に下の腰椎)が余分に回旋しなければなりませんので、腰に負担がかかります。
また、固定部分は、回旋しようにもできなくなっていますが、筋肉は回旋させるよう力がこもります。それにブレーキがかけられるように力が働くために筋肉痛が起こります。

ゴルフを行うことで、胸椎後縦靭帯骨化症が再発することはありません。
ただ、腰椎に、何らかの損傷(椎間板ヘルニアを含む)が起こる可能性は高いと思います。
下半身不随になるかどうかはその損傷の程度次第でしょう。

ただし、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では申し上げられることに限界があります。

ゴルフの件については主治医はどのような見解なのでしょうか。
つまり、今回のこのご質問に対する主治医の回答を教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評 価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご 質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

術式からして、相談者様はいくつかの脊椎を固定されています。
ゴルフのように身体を捻る動作を行う場合、通常はすべての脊椎が少しずつ回旋しますが、相談者様の場合は固定された部分が動かないため、その上下(特に下の腰椎)が余分に回旋しなければなりませんので、腰に負担がかかります。
また、固定部分は、回旋しようにもできなくなっていますが、筋肉は回旋させるよう力がこもります。それにブレーキがかけられるように力が働くために筋肉痛が起こります。

ゴルフを行うことで、胸椎後縦靭帯骨化症が再発することはありません。
ただ、腰椎に、何らかの損傷(椎間板ヘルニアを含む)が起こる可能性は高いと思います。
下半身不随になるかどうかはその損傷の程度次第でしょう。

ただし、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では申し上げられることに限界があります。

ゴルフの件については主治医はどのような見解なのでしょうか。
つまり、今回のこのご質問に対する主治医の回答を教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評 価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご 質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

術式からして、相談者様はいくつかの脊椎を固定されています。
ゴルフのように身体を捻る動作を行う場合、通常はすべての脊椎が少しずつ回旋しますが、相談者様の場合は固定された部分が動かないため、その上下(特に下の腰椎)が余分に回旋しなければなりませんので、腰に負担がかかります。
また、固定部分は、回旋しようにもできなくなっていますが、筋肉は回旋させるよう力がこもります。それにブレーキがかけられるように力が働くために筋肉痛が起こります。

ゴルフを行うことで、胸椎後縦靭帯骨化症が再発することはありません。
ただ、腰椎に、何らかの損傷(椎間板ヘルニアを含む)が起こる可能性は高いと思います。
下半身不随になるかどうかはその損傷の程度次第でしょう。

ただし、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では申し上げられることに限界があります。

ゴルフの件については主治医はどのような見解なのでしょうか。
つまり、今回のこのご質問に対する主治医の回答を教えてください。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評 価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご 質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

整形外科 についての関連する質問