JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右の鎖骨部にしこりを見つけ鳥取県立病院で検査して良性腫瘍と診断され27日に手術をしました。が、親指と人差し指はしびれ

解決済みの質問:

右の鎖骨部にしこりを見つけ鳥取県立病院で検査して良性腫瘍と診断され27日に手術をしました。が、親指と人差し指はしびれはありませんが、腕の内側と中指、薬指、小指がしびれていてはしや鉛筆を持つことが出来ません手術前の様に物がもてるようになるでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

感覚障害、運動障害が生じている部位から逆算すると、相談者様は、手術時に正中神経の一部と、尺骨神経に何らかの障害が生じた可能性が高いと考えられます。
http://hifu-te.jp/wp-content/uploads/2013/03/tsb03-04.jpg
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

実際のところ何が起きてこのような状態になってしまったのか、執刀医からは説明がありましたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

術前の説明でわしびれは残るかもしれない。しかし、はしや物がもてなくなるかもしれないと言う説明はありませんでしたそのため、術後質問したところこのまま回復するかどうかはわからないとのことでした

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
神経内科などの紹介はされていないのですか?

リリカやメチコバールのようなお薬の処方は受けられていますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

箸や鉛筆が持てなくて文字もかけません今後物や文字が書けるでしょうかそのためにはどうすればいいでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
よって、治療方法や予後の予測について確定的なことは申し上げられません。

ただし、障害されたのはいずれも末梢神経ですから、再生能力があり、一般的には経時的に回復していきます。

ただし、何が起きたのかをはっきりさせる必要があるでしょう。

前述した正中神経や尺骨神経といった手の運動・感覚を司る神経は、脊髄から頸椎の間を出た頸髄神経が首⇒肩⇒腕と下降するうちに枝分かれしたものです。
相談者様が受けられた鎖骨の良性腫瘍の手術においてこうした神経の障害が起こる原因としては、①手術中に不自然な肢位が続くことによる圧迫、②同様に、手術台での圧迫、③もしくは、手術操作そのものによる神経の傷害、が考えられます。

①や②であれば、3ヶ月程度、長くとも半年以内には神経障害は自然に回復します。前述したように末梢神経には再生力があるからです。
メチコバールのようなビタミンB12製剤の服用はその再生を早めます。また、リリカというお薬は痺れを和らげる作用があります。

しかし、③の場合、極端なことを申し上げれば神経を切断してしまっている場合、切断された神経の縫合を行わなければ、いくら再生力があるとはいえ、神経が勝手に繋がって麻痺や痺れが回復することはありません。

よって、相談者様の腕の神経に、術中に何が起きたのかを明らかにする必要がございます。
付言すれば、一般的には手術中の圧迫によって生じるのはまず感覚障害、次に運動障害です。
「箸や鉛筆が持てなくて文字もかけ」ないというほどの運動障害が起きている相談者様の末梢神経障害は術中神経合併症としては重たい方だと思います。

治療方針を立てるために、神経内科を受診されることをお勧めいたします。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
手術を行った執刀医に、紹介状を作成してもらうべきでしょう。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問