JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私、名古屋西部在住、現在57歳男です。昨年12月末ごろから右足の指、ほぼ5本が今もしびれています。最初の病院で足の痺

解決済みの質問:

私、名古屋西部在住、現在57歳男です。昨年12月末ごろから右足の指、ほぼ5本が今もしびれています。最初の病院で足の痺れは。背骨の下から3番目ところが原因だとMRI検査をしましたが原因が分からず、ビタミン剤をいただきました。次の病院では、神経内科で受診しましたが異常なし、次に背中のMRI検査、これも異常なしといわれここでも血液の流れをよくする薬を頂きました。原因はなんでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
よって「原因はなんでしょうか? 」というご質問に直接的な回答をお示しすることは困難です。
このことはあらかじめご承知おきください。

少し補足情報を下さい。

①「背骨の下から3番目ところが原因だとMRI検査をしましたが原因が分からず」とのご記載ですが、これは、症状から「背骨の下から3番目」に問題があるはずだと予測してMRI検査を行ったけれど、MRIではその部位に異常を発見できなかったということでしょうか?

②神経内科で、末梢神経伝達速度検査は行われましたか? 行われていた場合、結果はどのようなものだったでしょうか。

③持病や常用薬があれば教えて下さい。

④痺れているのは右足の、指だけですか? 足の甲や足の裏、足首から上には痺れはないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

背骨の下から3番目が原因と病院の先生が言ったので、MRIではその部位に異常を発見できませんでした。違う病院で末梢神経伝達速度検査はしました。異常なしでした。背中と足のMRI検査も異常なしでした。足の痺れは12月末ごろから始まり2月ごろに一度右足全体にきてビックリして接骨院で右足を集中してマッサージしてもらい2~3日して足全体の痺れは収まりました。残ったしびれは右足の半分から前ぐらいがいまもずっとしびれています。常用薬、逆流性食道炎の薬・ランソプラドールODとアレルギー性鼻炎の朝晩服用の薬です。今、薬が切れているので名前がわかりません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

背骨の下から3番目が原因と病院の先生が言ったので、MRIではその部位に異常を発見できませんでした。違う病院で末梢神経伝達速度検査はしました。異常なしでした。背中と足のMRI検査も異常なしでした。足の痺れは12月末ごろから始まり2月ごろに一度右足全体にきてビックリして接骨院で右足を集中してマッサージしてもらい2~3日して足全体の痺れは収まりました。残ったしびれは右足の半分から前ぐらいがいまもずっとしびれています。常用薬、逆流性食道炎の薬・ランソプラドールODとアレルギー性鼻炎の朝晩服用の薬です。今、薬が切れているので名前がわかりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「足のしびれ」という訴えがあった場合、神経性のしびれと、血管性のしびれを考えなければなりません。

前者は、脊髄から下肢に伸びる神経がどこかで圧迫されることで生じる痺れであり、後者は主に動脈硬化によって血流が低下することによって生じる痺れです。

最初の病院では神経性の痺れを疑い、MRI[で所見は無かったものの神経性の痺れに対する治療薬であるビタミン剤(おそらくはメチコバールやメチクールのようなビタミンB12製剤)を処方されたのだと思います。

しかし末梢神経伝達速度が低下していないということは、神経性の痺れを否定する所見です。
神経内科では、それもあってか、神経性の痺れの可能性が低いと考え、「血液の流れをよくする薬」を処方したのだと考えます。

神経性の痺れである可能性はほぼ消えていますので、血管の狭窄・閉塞の有無を確かめるために、循環器外科(心臓血管外科)を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問