JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは 半年前に肩けん盤断裂症との診断をうけ痛みがひどい時に飲むようセレッコクス100を処方されました できるだ

解決済みの質問:

こんにちは 半年前に肩けん盤断裂症との診断をうけ痛みがひどい時に飲むようセレッコクス100を処方されました できるだけ手を上に上げないよう生活していましたが日常の料理、掃除でさえ
痛みが多く座位、就寝時にも痛みがあります 痛みを軽減していく方法はありますでしょうか
64歳 ヘルパーの仕事をしています。ご助言よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①「痛みを軽減していく方法はありますでしょうか」とのご質問ですが、同じご質問を主治医にはされていないのでしょうか。

②現在受けられている治療は鎮痛剤による薬物療法だけですか? 理学療法(腱板機能訓練と呼ばれるリハビリテーション)は受けられていないのでしょうか。

③受診されているのは、「肩関節外来」を標榜しているような肩関節の専門性が高い整形外科ですか?

④手術は勧められていないのですか? 主治医はどのような治療方針をお持ちなのでしょう。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.


診断時薬、湿布の処方。腕を上げないようにという注意 赤外線照射を2回受けるも軽減せず 市内に肩専門外来は無くリハビリは受けていない


手術は勧められておらず 特に治療方針の説明もありません


これといった治療法も無いようなので継続して受診していないので痛みを軽減させる質問はしておりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

市内に専門外来が無いとのことですが、日常生活にも支障をきたされている現在、肩関節の専門性が高い医療機関を受診されて、手術も含めた根治的な治療法を模索されるべきかと考えます。
現状のように痛み止めだけを服用していても腱板損傷は進行するだけで、さきざきジリ貧になるのは目に見えています。

肩関節は人体の中でもっとも複雑な構造を有する関節ですので、診断や治療には高い専門性が必要とされます。整形外科でも、一般的な町医者レベルでは対応できないことが多いのが現実です。
クリニックでも病院でもいいのですが、肩関節の専門性が高く、MRI検査が行える規模の整形外科医療機関を受診されることをお勧めいたします(「肩関節外来+地名」で検索すればみつけられることがほとんどです。JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
例:http://www.shimogamo.jp/shoulder.htmlhttp://www.shoulderjoint.jp/inpatient.html#inpatient03


以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.


再度専門病院を受診してみますが 仕事を辞めてできるだけ安静に暮らす事は痛み軽減や修復に繋がることは無いのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

もちろん現時点では安静は保たれるべきですが、腱板は血流が乏しい組織なので自然に断裂部位が再生治癒することはありません。
「3箇所筋が断裂している」という状態ですと、機能回復や根本的な除痛のためには手術が必要になる可能性が高いと考えます。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

もちろん現時点では安静は保たれるべきですが、腱板は血流が乏しい組織なので自然に断裂部位が再生治癒することはありません。
「3箇所筋が断裂している」という状態ですと、機能回復や根本的な除痛のためには手術が必要になる可能性が高いと考えます。

整形外科 についての関連する質問