JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年の4/16に交通事故で左肘頭を骨折し、4/18に手術をうけました。(金属釘固定) 次の日からリハビリを実施し、

解決済みの質問:

今年の4/16に交通事故で左肘頭を骨折し、4/18に手術をうけました。(金属釘固定)
次の日からリハビリを実施し、4/28に抜糸、退院しました。しかし、手術後14日目位から
左手小指、薬指が痺れ、リハビリを増すにつれ痛みが表れ、夜も眠れない日が続いたため
先生に相談した結果、金属釘が悪さしているか、神経が癒着していることが考えられるとのことで
6/6日に再度手術を行いました。金属釘抜き施術とともに尺骨神経剥離術を行いました。うっ血もあったようです。その後現在に至っていますが、2回目の術後約2週間になりますが、多動的なリハビリを
毎日行っていますが、症状は改善されません。痛みのため、また眠れない日が続いています。
現在肘の角度は115度と5度ですが、次の日はまたもとに戻ってしまいます。
先生に相談しても、神経の癒着を防ぐためにも頻繁にリハビリを行うようにとのことです。
骨折した肘のことを考えると屈伸運動が必要と思いますが、逆に尺骨神経の損傷が大きくなるのでは
と心配です。一番の苦痛は痛みが激しく夜も眠れないことです。ご意見よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

うっ血や癒着による尺骨神経痛であるならば、リハビリテーションで動かすことによって損傷が大きくなることはありません。むしろ積極的に動かすべきでしょう。

重要なのは、尺骨神経の障害部位の再生までの間の除痛だと考えます。
リリカやメチコバールのようなお薬は処方されていないのでしょうか?

ペインクリニックの受診は勧められていませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

状況の説明が不備で申し訳ありません。
質問の件ですが、メチコバ-ルは21日分頂いていますが効果は期待できるのでしょうか。また、ペインクリニックの受診は勧められていません。当院は麻酔科はありますが、ペインクリニックは?


毎日、苦痛にたえて、リハビリをやっていますが、成果があがらず意気消沈しております。リハビリで尺骨神経を痛めることはないとのことですが、リハビリのたびに、手の甲、指の痛みがましてきます。この痛み、眠れぬ夜を何とか我慢して腕の屈伸をひたすら行っていけば、肘は元通りに近い状態に回復するのでしょうか。現状の痛みは神経の痛みが大部分と思います。その時尺骨神経の痛みは解消されるのでしょうか。また、痛みも術前と同じ状況です。再度癒着していたら、再々手術になるのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

>メチコバ-ルは21日分頂いていますが効果は期待できるのでしょうか。
メチコバールはビタミンB12製剤で、末梢神経の再生を促す効果があります。
しかし効果の発現には3ヶ月以上の服用を必要とします。その効果も、直接的な鎮痛ではないことにご留意ください。

> この痛み、眠れぬ夜を何とか我慢して腕の屈伸をひたすら行っていけば、肘は元通りに近い状態に回復するのでしょうか。
100%元通りになるかどうかはとにかく、リハビリテーションによって機能改善が期待できることは間違いが無いでしょう。
しかし「この痛み、眠れぬ夜を何とか我慢」する必要は全くありません。

> 再度癒着していたら、再々手術になるのでしょうか。
なると思います。そうならないよう、リハビリテーションを積極的に行う必要があるわけです。
そしてそのためには、除痛治療を受けられる必要があるでしょう。

怪我や慢性的な刺激、手術などがきっかけとなり、末梢神経が傷つくことが原因で起こる神経因性疼痛びは、通常の鎮痛剤は効きません。
神経の信号の伝達を統制するようなお薬(リリカ、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬)の服用や、程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。

神経因性疼痛の治療はペインクリニックにて行われます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
ペインクリニックで診療を行うのは、痛みのスペシャリストである麻酔科医ですが、麻酔科医がみなペインクリニック的な治療を行っているわけではありません。

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。現在の主治医に紹介状を作成してもらって受診されて下さい。

全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)
http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

非常にわかりやすいご回答ありがとうございます。最後にもう一つご指導ください。
除痛治療(ブロック注射)を行なった場合、1回の治療で効果は何日間位持続するのでしょうか。又、痛みをブロックしている状態で、リハビリしても問題ないでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ブロック注射の効果持続期間は個人差があり、かつ用いる薬液量やブロック注射の技法によっても異なってきます。
通常は少な目の麻酔薬を用いて効果を確認する試行錯誤の期間がありますので、この間は数時間程度の除痛しか得られないことが少なくありません。
最適の麻酔量や注射の方法が決まってからの効果持続は数日から数週間でしょう。

飲み薬で除痛できればその効果は服薬している限りは持続しますので、合った飲み薬がみつかればそれが最善だと思います。

ブロック注射を受けながらのリハビリテーションには問題はありません。
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問